ハーバード大学に貼ってあるといううわさの20カ条をどう受け止めるか



こんばんは。

今日は、「ハーバード大学に貼ってある

といううわさの20カ条」をご紹介します。


大学の図書館に貼ってあるとか、

トイレの落書きだとか、

そもそもデマである、とか噂されています。


中小企業診断士の浪人生のころなら

私は壁に貼ったかもしれないなー。


でも、今の私が見ると、

「そうかな?」「はんたーい」

と思う項目があります。


理由はあとで書くとして、

まずはご自身の目で

20カ条を感じてみてください。




① 居眠りすれば夢をみる、学習すれば夢が叶う
Sleep now and a dream will come out; Study now and a dream will come true.


②君が無駄にした今日は、どれだけの人が願っても叶わなかった未来
Today you wasted is tomorrow loser wanted.


③物事に取りかかるべき一番早いときは、君が「遅かった」と感じた瞬間
The earliest moment is when you think it’s too late.


④今日やるほうが、明日やるより何倍も良い
Better do it today than tomorrow.


⑤勉強の苦しみは一瞬、勉強しなかった苦しみは一生
The pain of study is temporary; the pain of not study is lifelong.


⑥勉強する時間がないなんてことはない、努力が足りないだけ
You never lack time to study; you just lack the efforts.


⑦幸福には順位はない、成功には順位がある
There might not be a ranking of happiness but there is surely a ranking of success.


⑧学習は人生の全てではない、人生の一部として続くもの
Studying is just one little part of your life; loosing it leads to loosing the whole life.


⑨苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しもう
Enjoy the pain if it’s inevitable.


⑩人より早く起き努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる
Waking up earlier and working out harder is the way to success.


⑪怠惰な人が成功する事はない、真に成功するのは徹底した自己管理と忍耐力を持つ者
Nobody succeeds easily without complete self-control and strong perseverance.


⑫時間は一瞬にして過ぎる
Time passes by.


⑬今日のよだれは将来の涙
Today’s slaver will drain into tomorrows tear.


⑭犬の様に学び、紳士の様に遊べ
Study like a Dog; Play like a gentleman.


⑮今日歩けば、明日は走るしかない
Stop walking today and you’ll have to run tomorrow.


⑯一番現実的な人は、自分の未来に投資する
A true realist is one who invests in future.


⑰教育の優劣が収入の優劣
Education equals to income.


⑱過ぎ去った過去は、二度と戻らない
Today never comes back.


⑲今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている
Even at this very moment your competitors keep reading.


⑳努力無しに、結果無し
No pain, No gain.


いかがでしたでしょうか。



私はこう思うのです。

これを素直に受け止めてがんばるのはいい。

素直さは成長に不可欠の資質だから。


一方「疑問を持つ」ことも大切です。

特にハーバードとか、日本なら東大とか、

「権威ある存在」が言うことを

鵜呑みにしないほうがいいと考えます。


権威の前では、

人は思考停止になりがちだけど、

「あれ?」と思ったなら、

その疑問は自分にとっては事実。

疑問を見捨てず、疑問の原因を探りましょう。


 素直に受け止める面と、疑問を持つ面、

両方それぞれを持っていたいですね。


20カ条で、私が「?」と思ったのは

10個強ありました(笑)。

素直さと「?」の、グッドバランス


下記に「?」を5つピックアップしました。


⑦幸福には順位はない、成功には順位がある

→ どちらにも順位はないし、
  幸福や成功って順位の話じゃないんじゃない?


⑩人より早く起き努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる

→ 日本人でも同じことを言う人がたくさんいるけど
  決めつけないでほしい。だって私は寝坊助だもん(笑)


⑭犬の様に学び、紳士の様に遊べ

→ こういう風に、男性限定の表現を
  平気でしてしまう人たち。品性を疑う。
  すべからく、猫パンチだ。


⑮今日歩けば、明日は走るしかない

→ わかります。そういう時期ってあります。
 でも、こんなことが続いたら倒れます。


⑰教育の優劣が収入の優劣

→ 現実のデータではそう表れています。
  個人差はあるものの、
  高卒と、大卒・院卒の生涯年収は
  6千~7千万円の差が出ます(日本の場合)。
  でも、収入を考えて勉強をがんばることが
  本人や社会のよりより未来につながるのだろうか?
  本来の教育は収入を高めるためのものではないのに。
  ちょっと考え込んでしまう言葉。


という感じで、

自分の考えと向き合っていくと

「なぜ私はそう思うのか」と

新たな問いも生まれて

より考えを深められる気がします。


私が最も素直に共感したのは、

⑧学習は人生の全てではない、人生の一部として続くもの

でした。


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


夕方散歩。かすみそうのようなハルジオンです。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子

安易に希望的観測を伝えるより、真摯に話を聞くほうが相手の希望になる


こんばんは。

今日のタイトルは、

安易に希望的観測を伝えるより、

真摯に話を聞くほうが

相手の希望になる です。



今日は日曜日ですが、

zoomミーティングがありました。

結論を出すことを優先するんじゃなくて、

「うんうん」「そうだね」と理解し合って

プロセスを大事にする。

そこがよかったなと。


一昨日のブログに書いたようにやっぱり、

「結論よりプロレスが大事」です。

そのほうが結果もついてきます。



コロナ禍によって、

苦悩を「話す側」と「聞く側」両方が

増えているかもしれない今、

希望的観測を伝えるという結果より

真摯に話を聞くというプロセスが

大事だろうなと、思うのです。

~  ~  ~


実はずっと前のこと、

初めて心理カウンセラーに会って

苦悩を「話す側」になったことがあります。


親子問題で悩む知り合いの経営者が

ここに何度も通われていて、

興味津々だった私に勧めてくれました。



ですが、これが最初で最後。

もう二度と行かないって思いました。


話半分で聞いているのが分かったし、

「なぜ〇〇しなかったんですか」と

打ちひしがれている私を責めたんです。

もう十分、私が私を責めているのに。


そして最後に、思ってもいない

安っぽい希望的な観測を言い、

時間になったから、と

私を残して部屋を出ていきました。

ひどくない?(笑)



世界に素晴らしいカウンセラーは

数多(あまた)いらっしゃるとは思いますが、

この人のお陰で、

私は生涯、カウンセリング依存に

なることはないと思います。

ねこパ~ンチ。



~  ~  ~


泣き言って、大なり小なり

ほとんどの人はあるんじゃないでしょうか。


生まれては消えていくものから、

心のしこりとして残るものまで。


不満とか、不安とか、疑念も含めて

強弱さまざま、何かしらは。



これを独りで解消できるならそれもいいし、

私は失敗しましたが(笑)
誰かに聞いてもらうのもいいですよね。


冒頭のような経験をしてつくづく思うのは、

「聞く側」に立った人が

「どう聞くか」が非常に大事だなと。




話を聞く人(あるいはそういう場)は

太陽ぴかぴかの晴天ではなく、

曇り空で風のない湖みたいに、

静かなほうがいい。


「なぜ〇〇しなかったんだ」と、

とがめるなんて論外だし、


「希望を与えてやろう」とも

思わないほうがいい。


光を与えるんじゃなくて、

まずは、聞く側も暗闇に目を慣らすといい。

暗闇に一緒に入る必要はないけれど。



そしてもし、確実にいいアイデアがあるなら、

それを伝えるのはその後ですよね。


~  ~  ~


こんな出来事もありました。


ビジネススクールに通っていた私は、

隣のクラスで学んでいた

中国からの留学生と仲良くなり、

よくラウンジでお喋りしました。

才女で、日本語がぺらぺらでした。


そんな彼女のお母さんは長い間、

中国で入退院を繰り返していて、

彼女の留学中に亡くなりました。



一時帰国した彼女が日本に戻って来た日、

私ともう一人の女性は、

教室の片隅でうずくまって泣いている

彼女に寄り添いました。

もう一人の女性は彼女と同じクラスで

企業内カウンセラーを勤めていました。



カウンセラーの同級生は、

「お母さんのためにがんばって」

「これでお母さんは楽になれた」

「あなたも自由になった」と

次々と言葉をかけます。



けれど私は、

彼女の背中に手を置いたまま

黙っていました。



カウンセラーの同級生が

もう言う言葉がなくなって

静かになると、


泣いていた彼女は、

同級生に言われた言葉の一つ一つを

訂正していきました。


「病気のお母さんが死んだから、

私が自由になったとみんな言うけど、

そんな自由よりも、

私はお母さんに生きていてほしかった」


「お母さんのためにがんばるよりも、

お母さんは私のために私の幸せを

考えてくれていた」と。



あのときの私のように、

誰かに言われなくたって、

そんなこと、とっくに考えているんです。



ひとしきり泣いた彼女は、

黙ってそばにいてくれてありがとう

と、後で私に言ってくれました。


思い出すと涙が出る。




素晴らしい回答を持っているなら、

それを伝えるのは親切だと思います。

けれども、

「何か気の利いたことを言わなければ」とか、

「自分の知識に感心させたい」とか

「気まずい空気を何とかしたい」という理由で

安易に希望的観測を伝えても

相手にはそれが伝わってしまうと思います。

それよりは、真摯に話を聞くほうが

相手の希望になる。



実体験から私はそう思っています。


経営ジャーナリスト・講師の瀬戸川礼子でした。






「企業の本当の強さはどこにあるか」


こんばんは。暑い東京でした。


さて今日のテーマは、

「企業の本当の強さはどこにあるか」です。

月1連載している『帝国タイムス』の14回目が

掲載されました。


横にさりげなく愛用のスマホホルダーを置いたりして。



ホワイト企業大賞の緊急アンケート

「コロナを乗り越えるための情報シェア」から、

日本レーザー

スズキアリーナ川口

道頓堀ホテルグループ

の3社を紹介しました。


日本レーザーと道頓堀ホテルは

このブログでご紹介していますが、

スズキ自動車カーディーラーの

スズキアリーナ川口はまだですね。


同社は、コロナ禍で販売台数が落ち

大変な状況ではあるものの

社員も大変だろうと、

16人の社員に全員に、

一人10万円の臨時ボーナスを出しました。


会社によって状況が異なるので

一律には言えませんが、

この160万円を出し惜しみした場合と

同社のように迅速に決めて出した場合、

どちらのほうがやる気につながり

よりよい未来をつくるでしょうか。


日本レーザーの近藤会長は、

この記事のためのzoomインタビューで、

次のように言われました。

「戦術や環境整備も大切ですが、

社員の命と健康が何よりも最優先です」と。

そして、こういう考え方の土台である

「クレド(信条)」がいかに重要かを強調されました。


要するに

「何のためにやっているのか」

ホワイト企業は働く人を大切にする会社なので

どんなときも人を優先します。


その思いは、

質だけではなく、量にも表れます。


儲けが出る体質にしていたり、

内部留保をしっかり貯めていたりします。


本気で人を大切にしようと思ったら、

いざというときに守れるだけのお金も

しっかりと貯めておくわけです。


「何のためにやっているのか」を常に考え

その中心には働く人が必ずいて、

そのための行動をしっかり取る。

企業の本当の強さはここにあると思います。


企業の「量」(業績)については、

『帝国タイムス』連載の次回15回目に書く予定です。


夜風に吹かれてちょいとお散歩。


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子

書きなぐったハガキをもらって思う「結果よりプロセス」の大切さ



こんばんは。


今日はぴったり3カ月ぶりに美容室に行きました。

私はショートカットですが、

結べるくらい伸びていたので

また短くしてすっきりです!

(キノコみたいになっております)





さて、今回のテーマは、

「書きなぐったハガキをもらって思う

『結果よりプロセス』の大切さ」です。


この考えは、

いろいろな場面に応用できるんじゃないかと。

 ~  ~  ~


コロナで遊びに行けない代わりに、

4月17日から毎日、

実家にハガキを送るようにして、

今日でぴったり50枚になりました。


このハガキのイラスト by okubojunko


親孝行というよりは自己満足で書いています。

ポストカードが好きで数百枚は持っているので、

使う楽しみもあるんです。



ハガキを書くとき、

一つだけ気を付けていることがあります。


それは、

「書き殴らない」こと。


本文は、つらつら書いていると

汚くなってしまうことがあるんですが、

住所と名前は丁寧に書きます。



下記、こそっと書いてしまいますが、

反面教師が多数いるんです(笑)


分かりやすい例としては、以前、

「会った人には必ずハガキを出す」を

誇りにしている人がいました。


その人にお会いしたとき、

「返信をくれる人はほとんどいない」

と、憤慨していました。


話を聞いた私は、

「自分の好きで出しているのに

なんで怒るのかな?」って思いました。


自分の都合で出しているんだから、

相手の都合で返事が来なくても

問題はないはずです。


もちろん世の中には「礼儀」と

いうものがありますが、

礼儀を強要しては元も子もないのでは?


それで後日、

私のところにもハガキが届きました。


届きましたが、

これがもう、あーた、

めっちゃくちゃ書き殴ってる!(笑)


文面は、「お会いできてうれしい」

みたいな内容でしたが…、


「僕はたくさん書いているんだから

丁寧になんか書いてられないよ。

でも出すだけでもえらいだろ」。

そんな心の声が聞こえてしまった


で、そのときの私の心の声、

「これに返事を出さなきゃいけないの?」


そして、悟りました。

「返信をくれる人はほとんどいない」

のはなぜなのかを



 切手も楽しみ



こんな経験を何度もしているので、

面倒くさそうに乱雑に書くのはやめようと

思っているのです。


字の上手い下手は関係ありません。

字が下手でも、

丁寧に書いているかどうかは

手にした人はわかりますからね。


先の、必ずハガキを出す人は

「出したという結果」は得ますが、

「出すときのプロセス(過程)」が

足りていなかったのです。

利己的だったのですね。

なので、

「返事をもらうという最終的な結果」

は物足りないものになっていました。


今日のタイトルは、

書きなぐったハガキをもらって思う

「結果よりプロセス」の大切さ

ですが、ハガキに限らず

どんなことでも同じじゃないかなあ。



視点を変えると、

相手のためじゃなくて、

ほんとは自分のためにやっているのに、

相手に感謝を求めることも同じかな。



「人の振り見て我が振り直せ」

で、私自身も反面教師にならないように

したいなあと思っています。


毎日のハガキは、実家に帰る日まで

もうちょっと続けます。


瀬戸川礼子でした。

Homepageはこちらです。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子




データが教えてくれる、女性の活躍の場を、本気で取り入れたほうがいいという話


こんばんは。

今日のテーマは、

「データが教えてくれる、

女性の活躍の場を、

本気で取り入れたほうがいいという話」です。


おとといのブログに書いた

日本の人口と合わせて

お読みいただければ幸いです。


まずは都道府県別の女性(25~44歳)の就業率

をご覧ください。

※クリックすると原典に飛び、大きく見られます↑


ちょっと!

年齢が44歳までってどういうこと?

はじかれた私は大いに反論したいのだが(笑)、

そこは堪えて、

ここから本題です。

最も高いのは、福井県です。




研修や講演でよくうかがう、好きな県です。

確かに福井では「結婚しても働く女性」が普通で、

「辞めるの?」と質問する人はいません。

ちなみに、福井は幸福度ランキングでも1位です。



そんな素敵な福井県なのですが、

女性就業率は断トツ1位だったのに、

女性管理職の割合で見ると

後ろから2番目になってしまうのです。



 福井はご縁の深い県なので、

書くのは胸が痛いのですが、

女性が多数いても、リーダーにはならず、

サブ的な役割に終始する人が多い。

まさに「日本で働く女性の位置づけ」

顕著に表われていると思います。


もっとも、女性管理職の割合で1位の

山口県ですら21.4%しかいません。

昭和のデータじゃないんですよ?



はい、わかっています。

「女性本人が、管理職になりたがらない」

  んですよね?


これを理由にする会社がすごく多いです。


私も全国各地で、女性たちから

「肩書は欲しくない」と聞いたことがあります。


理由はー、

・これ以上、忙しくなったらやってられない

・会社にいいように使われたくない

・上司(男性)みたいになりたくない

・いい上司の在り方が分からない

・女性の前例がなく相談できる人がいない

・生活(家事や子育て)の時間が奪われる

・仕事より生活のほうが大事だ

・男性は私の話を聞いてくれないと思う

・仲間から外れるみたいで疎外感がある

・失敗したら馬鹿にされる

・失敗しても誰も守ってくれない

・何倍もがんばらないと認めてもらえない

・残業は増えるのに給与はたいして増えない


「わかる、わかる」と、

うなずく方も多いのでないでしょうか。


この意見は女性独自のものではなく

男性も同じでしょう。


けれど、言わないで我慢してきた。

ストレスを抱えてやってきた。


ストレスが大きいとベストパフォーマンスは

出せないのは科学的に証明されています。


ということは、

女性が働きやすく、

女性がリーダーとして活躍しやすい環境は、

男性にとっても働きやすく、

リーダーとして活躍しやすい環境なんです。


女性がリーダーになっていかないと、

発言権も与えられないので、

「我慢と根性が美徳の昭和」が続きます。


若い人口が、ごそっと確実に減っていく中で、

女性がのびのびとリーダー職に就ける職場は、

男女ともに魅力ある職場です。

それとは反対に、

女性に敬遠される職場は、

男性にも敬遠されるから、

ますます経営が厳しくなるでしょう。


念のために書いておくと、

もしこれを読まれている方が男性だとして、

あなたを責めているんじゃありません


一方の意見だけが通る社会や会社は

ゆがんでいると言いたいんです。

この考えに反対する人はいないでしょう。


ちょうど今朝、twitterで下記のサイトを知りました。

This is a Man’s World.

ジェンダーギャップを可視化したもので

センスよく、理解しやすく、説得力があります。


2020年2月、男女の不平等がもたらす損失をはかる

「ジェンダーキャップ指数」が発表され、

153カ国中、日本は121位の低さでした。

過去最低かつ先進国で最下位です。


いや~…

こんな逆境の日本で働く女性って

ほんと立派(私も!)。


そしてこういう風潮の中にあっても、

分け隔てなく女性が働きやすい場づくりを

している男性もいて、彼らも立派。

こういう少数派が多数派になってほしい。


それでこのサイトでは、

不名誉な「121位」の背景となる

さまざまな数字を紹介しています。


「経団連役員の女性比率は 79分の1」

「現在の国会議員の女性比率は 14.4%」

などなど

絶句するような数字が並びますが

これが現実です。


私が委員をしているホワイト企業大賞ですら、

女性委員は19分の2です(名簿は3人ですが実質2人)。

よくないなと、ずっと思っているのですが、

正直なところ、探せない現状です。

男性は見つけるまでもなく多数いるのに、

女性はなかなか見つけられない…。

見出す側の努力不足もあると思います。


他に委員をしている中小企業庁の

政策臨時委員や補助金の審査委員でも、

前者は女性が3割未満、

後者は、担当する委員会で女性は私1人です。


人口の半分を占める女性が、

活躍の場を持てていない。

それ以前に、育てられていない。

ということは、

女性の意見が吸い上げられない状況である。


日本はずっと半分の意見だけで、

運営してきた。

もったいなさすぎ。

歩留まり率、悪すぎ。

宝の持ち腐れすぎです。


ただ私が期待しているのは、

これから人口がどんどん減ることで

女性頼みが必須になっていくことです。


私もそうなので分かるのですが、

人は困らないと真剣には動きません。

これから本当に困るので、

女性活躍の重い腰もあがるでしょう。


そこで書き加えておきたいのは―、

女性は不足分を補う戦力ではありません。

会社のために時間を売る存在ではありません。

女性は戦力ではなく、仲間です。

それと同様に、

男性も戦力ではなく、仲間です。

共に幸せになる同士だと考えます。

仲間の幸せを考えれば、周りも幸せに近づきます。

きれいごとに聞こえるでしょうが、本当です。


だから、意識と環境を改善しましょう。


私はこれ、早い者勝ちだと思う。


と言っても多くの人や会社は動かないから、

より一層のこと、

早くやればどんどんほかより抜きん出ます。



具体的には、

女性の意見に何度も何度も耳を傾けたり、

女性活躍で成功している会社を訪問したり、

セミナーを受講したり、

コンサルに相談したり、

そういう本を読んでみたり、

小さなことから試行錯誤して

コツコツコツコツ改善するのです。


数年後、もっと顕著になっていると思います。


女性も男性も幸せな会社が増えますように。

コンサル・セミナーもしております瀬戸川礼子でした。

ホームぺージとお問合せはこちらをご覧ください。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子

新宿御苑の巨木に会いに。~ときには机を離れよう~


こんばんは。

今日は、私の頭はお休みでーす。

よろしければ木々の写真をお楽しみください。



所用のあと、再開した「新宿御苑」へ

久しぶりに行ってきました。

大きな樹がたくさんあって

本当に貴重なところだと思います。








寝っ転がって本を読みたい。




プラタナス並木。秋も素晴らしいです。




ベンチに座って、おやつタイム。




深呼吸。




つつじ。












青いもみじも、また美しい



また深呼吸。10秒くらいかけてゆっくりと。



ここは、家康の家臣・内藤清成の大名屋敷がルーツ。

人工的な公園ではあるけれど、

歴史がとても長いから、

木々はすっかりこの地の主になっていて、

深く根を張り、幹を肥やし、

枝を、葉を、いっぱいに広げている。



そういう空間を歩くだけで気分がいい。

人間も一つの生き物だから、

自然を感じる時間が必要です。



養老孟司さんが言っていたけど、

籠の中で飼っていたネズミを

机の上に放しても

じーっとしているだけだと。

でも、一週間もすれば好きに動き回り

どこにいるか分からなくなる、って。



自然の中に身を置くって

机の上から出ていくってこと。

大事な時間でした。




手前のバラは「バレリーナ」という名がついています。
確かに。6月に入ってバラの時期は終了ですがこれは満開でした。




また深呼吸。


2時間たっぷり楽しみました。


少し、空気感を味わっていただけましたでしょうか。


ではまた~

瀬戸川礼子でした。





千年先の日本人は2000人? ~日本の人口について把握しておこう~


こんばんは。

昨日のブログの最後に

「千年先は?」と書いたことから

気になって人口を調べてみました。


未来は誰にもわかりませんが、

唯一、人口だけは予測できるからです。


日本の人口が減っているのは

承知の事実ですよね。


最初にさくっと書いてしまいますが、

千年後(西暦3000年)の

日本人の人口は2000人だそうです。

(国立社会保障人口問題研究所の試算)


2000人…。


ちなみに、紅白歌合戦で客席が映る

NHKホールは3677席だから、

2000人の少なさが分かります。


希望のあることを書きたいけれど、

お察しの通り、日本人口の話って、

明るい話題がないんです。うーむ。


でも、生きている限り、

誰もが関係者で当事者なので

目をつぶらず見ていきましょう。



下のグラフをご覧ください。出典はこちら

現在地の赤丸は私が入れました。


平成29(2017)年推計の「国立社会保障人口問題研究所」調査結果。


「いまここ」の赤丸はまだ序の口。

これからもっと、

総人口も生産年齢人口も

下り坂に入って行くことが分かります。


日本の人口は、

2008年の1億2808万人がピークでした。

いま2020年5月現在は1億2590万人です。

数を見ると、激減とまでは思いませんが、


この人口減少でいちばん問題視されるのは、

ご存じのとおり

少数の若者で、多数の高齢者の面倒を

見なければならないことです。


2008年の高齢者は21.5%2754万人)、

現在は28.4%3588万人)を占めます。


32年後の2055年には、

人口は1億人を割って8993万人になり、

このうち40.5%(3642万人)が高齢者です。


この高齢者の中に、

私もしっかり入っていくんだよなあぁぁぁ



健康で楽しく働いていたら幸せだし、

国の財政も圧迫しませんが、

こればっかりは分からないですもんね。


だから、高齢化は「自分事」だと

とらえないといかんでしょうね。

未来予測の強力な一つになりますから。



ただ、このグラフは現状と違う点があると

私は思っていて、それは、

生産年齢人口(15~64歳)のところです。


これはさっきと同じグラフです


64歳で完全リタイヤする人って周りにいますか?

まだまだ若くて、隠居は早すぎますよね。

もしそれが家事をやらない男性だとしたら、

一日中、家にいられても奥さんが困るよ?(笑)

そんな空気感もあったりして、

働いている人のほうが多いんじゃないでしょうか。


で、6570歳の人口は約1000万人いるので、

半数が働いているとしたら500万人。

グラフの生産年齢人口はその分、高くなり、

老年(隠居)人口は低くなります。


また、70歳を超えて現役で活躍されている人も

たくさん知っています。


ただ、いずれにしても赤ちゃんが

増える見込みはないので、

グラフ下線の「年少人口」も増えず、

少ない若者で大勢の高齢者を支える構図は

変わりません。



もっと何十年も前から、

生みやすく、育てやすい社会構造に

国を挙げて取り組んでいたら良かったけれど、

女性の声を政策に取り入れなかった。

時すでに遅しです。

もう、くつがえせないところまで来てしまいました。



~  ~  ~  ~  ~


もう少し手前の数字を見てみましょう。

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

将来予測によると、


2040年までに予想される人口動態は、

・人口が1億1000万人程度となる

2040年に老年人口がピークに

・生産年齢人口が毎年100万人ずつ減る

GDPに対する社会保障給付費が24%程度(190兆円)になる(現在21.5%)

・全国の約半数の地域で人口が50%以上減り、2割は無居住化する


…、いや、なんかさらに、

くら~くなってきちゃった。


わはははは(←苦しいとき、人は本能的に笑うことがあります)。


このあたりにしておきましょう。 


今日は、千年先のことを考えてみようとして、

それはかなり難しいということで、

もっと手前の日本の人口に触れてみました。


技術とか、連携とか、ほかの話なら

明るい未来予測がたくさんあるはずです!


こと人口については

明るい話題が見い出せなかったけれど、

「人がたくさんいる=いいことだ」という

固定概念もあるかもしれません。

実はそうとも限らないかもしれません。



人が減れば自然破壊はだいぶ減ります!

ほかにもきっといいことがあると思います。

どんなことにも良し悪し両面がありますから。


いずれにしても人口という数は

これが現実ですから

しっかり頭の片隅に置いて、

仕事を含めた人生に生かしていきましょー!


最後に、

私は書いていて3つのことを思いました。

1 私は私でがんばる

・心と体の健康を守る

・仲間を大切にする

・自力で生活し続けられるために努力する

(自力で出来ない人にも当然権利がある)


2 世界に目を向ける

・日本のことだけを考えない

・日本と世界はつながっている

・世界人口は増え続けている(問題でもある)


3 政府の政策に興味を持つことが大事

・女性の存在が重要なかぎ。

・大企業や高齢者を優遇する施策ばかりでは危険。

・若い人がもっと選挙にいかないと変わらない。



人口の一人である私たちは、

ともに影響を受け、影響を与えています。

この動態の中で、何をつかんでいきますか?


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


公園にて。光を撮ったら、黄色から水色の帯が伸びてお洒落でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子





2020年6月のおついたち



こんにちは。

早いもので、2020年6月のおついたちです。


今月の言葉は、

「水無月の 夏越の祓(はらい)する人は 

 千年のいのち 延ぶといふなり」(詠み人しらず)




「おついたち」「おついたちまいり」は、

毎月のはじめの日(一日)に、

神さまに手を合わせ

先月の一カ月間の無事のお礼と、

今月の意思表明などをする、

節目に姿勢を正す習慣です(私の認識)。


古くから日本各地に見られるこの風習を、

10年ほど前、取材先の女将さんから教わりました。


その女将さんは、

毎月一日は朝4時に起きて、

日々商売できることへの感謝と、

スタッフと宿泊客の健康・安全を願い

館内を清めていると、言われました。


私はそんな早起きはできないけれど、

節目節目に感謝を表すのは

自分のためにもいいなと思って、

信仰はないけれど続けています。


毎月アップしている写真の紙は、

神社庁という組織が出しているもの。

加盟している神社に置かれています。


客観的にみると、

いかにも人間が選びました!

という言葉が多いです(笑)

まあそれはそれでいいかと。


~ ~ ~


写真の言葉にある

夏越の祓(はらえ)は、

茅の輪くぐりのことです。


千年のいのち…、えらいこっちゃ。


千年前は日本では平安時代、

世界ではローマ帝国の全盛期です。


では千年先は?

妄想が広がるおついたちです。


みなさまにとって良い月でありますように.。*☆+.*.。☆゚+..。*゚+


瀬戸川礼子でした。


【明日のブログは】
明日は、千年先はどうなっているのか?に
ちょっと触れてみます。






「何があなたを突き動かしているのか」



こんばんは。

日曜今日、1時間半、都内を歩きました。

コロナの影響は色濃く、静かな都会でした。

商売の方々はほんと大変です。



さて、今日のテーマは

「何があなたを突き動かしているのか」です。

硬派!



いい会社を主に取材していると、

「人」や「理念」を大切にすることが

普通に思えてきますが、

残念ながらまだまだ ”変人枠” だと

思わされる出来事が時折やってきます。


先日、あるオンライン飲み会で

新しい事業を始める人のプレゼンを聞きました。


事業内容、社名、社員数、エリア、

事業資産、収益性、独自性、将来性

などの説明があり、


必要とされそうな事業だな、と

みんなで耳を傾けました。


プレゼンが終わると、

参加者から質問やアイデアが出て、

話がわいわい進んでいきます。


・集客方法

・アプリの活用方法

・収支の見込み

・事業の拡大について


おかしい項目は一つもありません。


けれど私は「」なのでした。


私の本 『「いい会社」のよきリーダーが

大切にしている7つのこと』

を読んでくださっている方は

気づかれたかもしれません。



」の原因は、

話す人も、聞く人も、

戦略と戦術(戦いに勝つための方法)

の話しかしない、ということです。


戦略・戦術も大事ですが

肝心な話が抜けているよなあ…。

まして創業期なのになあ…。


それは、

「何があなたを突き動かしているのか」です。


さまざまな仕事が世の中にある中で

なぜ、あなたはこれがやりたいの?

誰のために、何のために?



これが経営でいうところの「理念」になります。

つまり「あるべき姿」ですね。

どういう方向に進むのか?の原点でもあります。


ここが語られずに、

戦略や戦術の話だけで盛り上がるのは、

私にはなんだか不思議でした。


理念っていちばんの肝で

カッコいい部分なんだけど、

語りたくないのかな?

聞きたくないのかな?

集客より燃える話じゃないのかな?



だけど10人いて、

そこを聞いたのは私だけで、

その話も盛り上がらず(笑)

まだまだ変人枠だと実感いたしました。



理念や目的が最も必要なのは、

調子の悪いときだろうと思います。

「そもそも何のためにやってきたのか」、

原点に立ち返れるものを持っていた方が

迷子から脱出しやすいし、

みんなのパワーになります。

部外者をも巻き込む力になり得ます。


もちろん、調子がいいときも

「この道で合ってる?」

確認できますし、

そもそも、みんなが同じ地図を

持っていたほうがいいですよね。


それにやっぱり

「このためにやっているんだ」

誇りを胸に持って働くって素敵じゃないですか。



働く人の幸せを第一に考えるいい会社は、

「何のために」は外さないです。


そして「何のために」の中には

「幸せのため」が多分に含まれているので、

物心両面(お金と気持ち)を豊かにすることを

考えて考えて考え抜いています。


両方とも高めていくから

バランスが取れて安定するんです。


集客や数字を重視する経営は、

軸が細いのに、体を大きくさせてるみたいで

私には危なっかしく思えます。



あの事業内容は、

笑顔になるがたくさんいそうだから

成功してほしいんだよなー。


~  ~  ~

「何があなたを突き動かしているのか」

言えない人が、実は多い気がしています。

そういう時期があってもいいし、

何も考えず黙々と働くのも立派です。



ただ、

この問いに向き合って努力しているのと

向き合わず努力しないのとでは、

差はどうしても生まれます。

それは簡単に想像がつくことで、

1年後、3年後、5年後、変わってきます。

そこは知っておいた方がいいなと思います。


これにつきましては、

人様に言っている場合ではない。

だんだん、だら~としてきた

自分にも言い聞かせております(≧∀≦)


赤いプチトマト栽培中。黄色い花が咲きました。


※ 今日で、5月は毎日、

 ブログを更新したことになります。

 がんばりました。

  (^_^)ヾ(^^ )ヨシヨシ


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子














自分を知ると自分が楽になる ~心の色めがね~


こんばんは。

今日のテーマは

「自分を知ると、自分が楽になる ~心の色めがね~ 」です。


♬ とんぼのめがねは水色めがね

青いお空を飛んだから 

飛~んだ~か~ら~ ♬


いきなり、「とんぼのめがね」を

歌ってみたわけですが(照)


これを「色めがねの歌」ととらえると、

水色のめがねをかけていたら、

世界は水色に見えるはずですよね。


こんな感じで、

私たちは生きている間に知らず知らず、

色々な場面で色々な経験をし、

「心の色めがね」を持つようになります。

まっさらなまま生きるのは無理でしょう。


でも、

「私は水色のめがねをかけているんだ」

とわかっていれば

「だから水色に見えるんだ」と

自分を自分で理解できます。


夕焼け雲を飛べば赤色になるので、

「だから赤く見えるんだ」と。


これが、自分で自分を知る

ということでしょう。



いつも取材させていただいている

いい会社のよきリーダーの方々は、

「自分を知る」ための時間を、

人並み以上に割いていらっしゃいます。


・心を見つめる合宿に参加されたり

・お寺の道場に通われたり

・心理系の本を多数、読まれていたり

・自然の中で瞑想されたり。


よきリーダーは相手を知る以前に、

自分を知ろうとしていて、それは

「自然に」「場当たり的に」ではなく、

「意図して」そうなろうと努力されたわけです。


心の色めがねが濁っていたら、

見える人や景色も濁って見えてしまうからです。


心の色めがねは、どんなに努力しても

無色透明にはならないと私は体験から思います。

でも、自分を知る努力をしていくことで、

「それサングラスじゃなくて眼帯?」

と思うくらい前が見えない状態から、

色をぐっと薄めて視界良好にする

役目は大いにあると思います。



そんなわけで今日はこちらの

「無料 性格診断テスト」をご紹介します。


イギリスで作られたテストの日本語版で、

正確さと登録が不要なのがポイント。

2.7億回、利用されていて 

約10分で終わり、

16タイプの中から、自分のタイプが提示されます。


実は私は、こういうのに飛びつかないタイプ()

なぜかというと、

その場でデータで判別されて頭で理解したことは、

私にはニセモノっぽく思えるからです。

数字や頭じゃなくて、心で感じたいのです。


でも、このテストには納得しました。

とても当てはまるし、別日にやっても同じ結果。

私は「広報運動家」タイプです。


ーこのタイプの説明 冒頭はこちらー

あなたの職業には興味はない。

知りたいのは、あなたが何に憧れ、

それを叶えることを夢見ているかだ。

あなたの年齢には興味はない。

知りたいのは、愛や夢を手に入れるために、

人生という冒険のために、

馬鹿だと思われても構わないかどうかだ


↑ これまさに私の考え方です。

職業にはさすがに興味はありますが、

これはたぶん翻訳が間違っていて、

「職業」より「属性」の意味じゃないかな。

私は経営ジャーナリストでありながら

人の肩書や年齢にホント興味がありません。

学歴や資格や有名無名もどうでもいいです。

それよりも何が幸せで、何がしたいのか、

勇気とか、智慧とか、人間愛とか、そうことが知りたい。



誰もが時間をかけて自分の感情に気づき

表現すべきだと信じていて、


↑ これもまさにその通りです。

私は「感情」にいちばん興味があるから、

「頭の理解で知った気になるのは嫌、

 心で感じたい」

と思うんだなってことも分かりました。

すっきり。



 こんな風に自分で自分のことが

一歩分かるようになることは、

自分がかけている色めがねの色に

気づくこととだから、

補正機能を働かせる努力もできるし、

それは相手のことも尊重しようという

行動につながると思います。


 今日、紹介したテストは一例であって、

これで全てが分かるわけではないですが。



おわりに――、

冒頭で紹介した「とんぼのめがね」

1番は水色、

3番は赤色でしたよね。


2番をご存じですか?


♬ とんぼのめがねは ぴかぴかめがね

おてんとさまを みてたから 

みてたから ♬


まるで人生観がうたわれたような

素敵な歌詞でした。

世界は素晴らしいと思って見れば、

素晴らしい世界に生きる自分になれるー。

なんだか…、感動してしまった。


自分がかけているめがねの色を

自分で理解することは、自分を知ること。

いろいろな色を持っているはずです。


相手を知るためにも、

もっと自分を知りたいですね!


【今日は】

ベランダで育てているオレンジミントとレモンタイムで

フレッシュハーブティを楽しみました。


セミナー講師の瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子

最近、笑っていますか? ~自分で自分を診る大切さ~



こんばんは。

最近、笑ってますかー? (^^)


楽しくないから笑えないとしたら

それはその通りですよね。



一方で、

「楽しいから笑うんじゃない、

 笑うから楽しいんだ」も真理です。



日本には「笑うほうが先だよ」と

順番を示唆してくれる

素晴らしいことわざもあります。

「笑う門には福来る」です。


笑っているところに、

福が「なになに?」と興味を持って

寄ってくる絵が浮かびます。



でも今日ここで書きたいのは、

「無理に笑いましょう!」

ではないんです。



ほほえみ、笑顔、笑いというのは、

とても人間的な行為なので、

この行為がいつもの自分より減っていたら、

「あれ?どうしたのかな」と、

自分で自分を診てあげて、

栄養を取ることが大事だろうなと。



人と人との人間関係でも、

そこに、ほほえみや笑いがなくなったら

まずいですよね。それと同じです。



私が思う、自分自身へのシンプルな栄養は、

寝る、食べる、運動する、です。

特に「運動」は時節柄、減りがちですが

運動を習慣にすると気力もあがるそうです。

気力があがれば笑う気持ちになりやすいので

もし、笑顔が減っているならば、

無理に笑うよりも、

運動したほうが効果があるかもしれません。



別に落ち込んでいなくても、

肩を落として、猫背にして、顔を暗くして、

動かずじーっと床を見ていると、

やる前より気分が落ち込むんですよ。

多くの場合、体と気持ちは連動しているので、

この逆をやるといいですよね。



それで、外を歩くなら、

「後ろ足の親指を蹴って歩く」

を意識するといいですよ。

こうすると、

・後ろ足がすっと伸びてかっこいい、

・足首が使われて血液が巡りやすい

・ふくらはぎも鍛えられる

・お尻の筋肉が引き締まる


一石四鳥くらいあります。

とにかく運動を取り入れて、

笑いの基礎体力を養いましょう。



なんだか途中から、

ウォーキングインストラクター(資格もってます)の

ブログになっちゃいました。



Stayhome中に、尊敬する「レレレのおじさん」
らしき人が描けるようになりました! (*´艸`*)
何しとんねん。



ウォーキングインストラクターの瀬戸川礼子でした。















この夕日は、どこかの朝日だ



こんばんは。

今日のテーマは

「この夕日は、どこかの朝日だ」です。



ちょっとその前に、

私は今日、3月26日以来、

2か月+2日ぶりに電車に乗りました。



行きは、ひと席ずつ間隔を空け、

帰りは、それだと座れない人が出てきたので

ほとんどの人が隣同士で座っていましたが、

「あ、隣に座っちゃうんだ」と私は思い、

ほんの数カ月で自分の意識が変わった

ことに改めて気づきました。



さて、電車で向かった先は、

新宿の世界堂(画材屋さん)。

Stay Home中に出来上がった

オリジナルの刺しゅう作品を入れる

額を買いに行ったのです。








作品(というほどでもないけど)のタイトルは、

夕映えと朝焼け」




以前、飛行機の窓から夕日に魅入り、

気づいたんです。

「この夕日は、どこかの朝日だ」と。



私から見ると夕日だけど、

地球は回っているから、

ほかの国の誰かから見れば朝日であり、

同じ太陽でも、違うものに見えている。

逆にいうと、違うものに見えても

実は同じものだったりする。



当たり前のことですが、

わたしには大きな発見でした。



いま、新型コロナウィルスが一人一人に

さまざまな影響をもたらしていますよね。



困惑

憎しみ

恐怖

挑戦意欲

好奇心などさまざまな思いがあり、



冷静に科学的に見つめる人

人間へのメッセージだと感じる人

自分のことを中心に考える人

世界のことを中心に考える人

いろいろな受け止め方があります。



けれど、そのきっかけは同じウィルス。



新しい何かを感じ取っていくのも一つ、

迷惑な存在だと思い続けるのも一つ。

どちらにも揺れ動くのもまた一つ。



全人類を平等に襲うウィルスに対して、

自分はどういう目を向けるのか?

何を感じ、何をつかむのか?



そしてもしも、

ウィルスに意思があったならば、

何に気づいてほしがっているのか。



そんな風にほかの視点で

考えてみるのも面白いです。



語弊のある言い方だったら

ごめんなさいなんですが

せっかく人生でこんな珍しい経験ができ、

世界共通の「あのときはさぁ~」を

私たちは確実に持ったのだから、

いつかこれを語るとき、

私はどう感じた・どう思った・どうやったと、

自分なりの色を持って語り合いたいですよね。



気持ちって忘れちゃうので、

メモしておくのもいいと思います。

というか絶対おすすめです。

この状態にいる自分がどういう視点を

持って生き抜いたかを書き残すって、

未来の自分に役立ちそうです。



【今日のおまけ】
この刺し子ふきんもStayHome中に作りました。



「大変」とは、大きく変わるとき。
経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。



やっぱり人は美しいものが好き ~魂の音~



こんばんは。また夜が来ました

生まれてから何回目の夜かなあ。

カタカタカタ(電卓)

…ぎょ!すごい回数でした。

感謝.。*☆+.*



では、今日も即興で書いていきます。

テーマは、

「やっぱり人は美しいものが好き ~魂の音~」。



以前、沖縄出張した際、

空港の出発ロビーに着いたら

ちょうど夕焼け時でした。


オレンジ色の輝きに、

吸い寄せられるように窓のほうへ。



でも途中、もっといい景色に気づきました。

夕焼けに釘付けになっている

人々のシルエットです。



オレンジ色の光に向かって、

黒い人影が並んでいる。



「そうかー、みんな、きれいなものが好きだよね」


人影を入れて撮った夕焼けは、

私には余計、美しいものに見えました。



これがその時の写真。2013年8月25日。




twitterでもそうです。

超現実的な話も流れて来るけれど、

もふもふ系のかわいいツイートとか、

神秘的な美しい景色、

ユーモアたっぷりの動画、

そして、人の優しさあふれる話も

いくつも流れてきて、

どれも「いいね!」がたくさんついています。



そこでまた同じことを思います。

「みんな、きれいなものが好きなんだよね。

 優しい話も大好きなんだよね」

私もまったく同じ。

どれだけ見せられても、

かわいい、美しい、面白い、感動!

に飽きることはありません。



なぜかというと、それは、

頭じゃなくて、魂で感じるものだからじゃないかな。



俗世間にまみれていない赤ちゃんに、

いないいないばあ!を何回やっても

飽きずにきゃっきゃって喜ぶような。

楽しいものは楽しい! 単純で純粋。



昨日のブログの中で、

「心の声」について少し書きました。

あれは私の感覚だと「魂の音」なんです。



宗教には入っていないから分かりませんが、

わたし的には、一人に一つ与えられた、

けがれのない尊い鈴のようなものです。



だから、心の声(魂の音)が聞けたら、

安らげるし、

進む方向に気づけるし、

似た音色の仲間と出会えるし、

もし邪悪なものが寄って来ても、

音を聞いたらいなくなる(クマ理論)。

※クマ理論などというものは現実にはございません。



ただし、鈴を放置していると、

庭に埋めたタイムカプセルみたいに

見つけられなくなる。



そんなとき、

鈴を見つける方法の一つは、

沖縄の夕焼けを見ていた人々のように

無条件で美しいものに触れてみること。

かわいいもの、楽しいもの、優しいもの、

感動するものに触れてみることじゃないかな。



そういうものに、

何度も何度も触れていくことで、

魂はきゃっきゃっと喜びを取り戻し、

音をまた少しずつ鳴らしてくれる。

音が少しずつ聞こえるようになる。



特別な旅とかは必要なくて、

普段の生活の中にそれがあります。

空の美しさとか、健康の有り難さとか、

荷物を運んでくれている人への感謝とか、

あれ、なんか…、説法みたい。

やだやだ、やめよ。



今日の話はもしかすると

怪しく聞こえるかもしれません。

でも、私の感覚では普通の話なんです。

取材先のよきリーダーの人たちとは

こういう話は珍しくないし、

ここに書いたような魂レベルの話に

まったく興味を持たない人を

探す方が難しいくらいなんですよ。



あと、スケールの大きい経営者って、

芸術を愛する人が多いですよね。

美しいもの、感動するもの、魂の叫びに触れて

自分の魂の音を聞いているんじゃないかなと

勝手に思ったりして。



心の声(魂の音)は、

美しいものや愛しいものたちに

もっと触れたいよって言っている気がします。



見えないものも見えるものも、あるものはある。
ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。




【今日のおまけ】
特別定額給付金の書類が届いたので、
ひとこと添えて申請しました。





自分の思考パターンに人生を乗っ取られないようにしよう



こんにちは。

今日のテーマは、

「自分の思考パターンに

人生を乗っ取られないようにしよう」です。



身近な例として、私の話をちょっと。

昨日、note第3弾の投稿をお知らせしました。



20年近く、胸に留めている大切な実話です。

でもねー、ほとんど反響がなくて、

「♡」があまりもらえなくて、

少しでももちろんありがたいけれど、

「そうなのかー…」って。


あの話に小さく感動し続ける自分と、

そうでない反響とのギャップに

「ああ、そうなのかー……」な私でした。



それでこういうときの思考回路って

ざっくり2つに分かれるのでは?


① のパターン

 わかってくれない→残念だ→ちぇっ

 → みんなのばかばか 的な(笑)。



② のパターン

 わかってくれない→残念だ→ちぇっ

 → 自分の感覚が変なのか? 的な。



私の場合は②なんですけど、

この続きが今日のポイントです。


自分の感覚が変なのか?と一瞬は思います。

だって、あまりに温度差があるから。


けれど、「ちょっと待って」なんです。


そもそも、

「人と同じである必要はないよね?」

感性は人それぞれで、だから面白い。

私がどう感じるかが自由なら、

人がどう感じるかも自由です。

「共感した!」と思われたら嬉しいけれど

思われなくても、それはそれで構わない。



ここでいったん、フラットになりました。

プラスもマイナスもない世界観です。

ここで終わりでもいいと思います。



でも、今回のケースは、次の思考に入りました。

・他の人が一緒に感動してくれなくても、

  私が感動したこと自体が素晴らしい。

・こういう話を直接、聞けて幸運だった。

・私がいいなと思った話を、

 独り占めしないでシェアできた。


こんな感覚になったわけです。




すぐにはここまで来られません。

先に「しょぼ~ん」が来る。

でもまあ、数時間あれば切り替わる。



昔なら、ひと月かかったかもしれないから

すんごくスピーディになっているんです。


これは、しょぼーんの時間が減って、

平常な時間や楽しい時間が増えたということです。



要するに、今日のテーマである、

自分の思考パターンに人生を乗っ取られないように、

もともと私が持っていた思考パターンを

自分なりに改良してきたわけなんです。

まだまだ未熟なのは承知ですが。




で、私の場合の改良方法は、

「客観視」+「感謝」です。


・客観視
 自分を他人のように俯瞰(ふかん)する。
「~ねばならない」という固定概念を捨て、
「~だっていいんじゃない?」を取り入れる。
 難問のときは宇宙まで行って、
「小さっ」と、砂より小さい私を見てみる。

・感謝
例えば「分かってくれない」と思ったときは、
他の人でもいいので「分かってくれた人」を
思い出す。過去に優しくしてくれた人が必ず
いるので(だから生きて来られたので)、
そこに感謝してみる。
感謝の気持ちにはすごい力があるので、
気持ちがやわらかくなる。


    ↑ 

はじめは、こんなにさくさくと、

うまくはいかなかったものの

文字にすればこういうことです。



客観視+感謝で何をしているかというと、

思考パターンを振りほどいて、

心の声を感じているんです。


(これ ↑ 書きながらいま気づきました)




この改良によって何がよかったかというと、

・心の声にアクセスしやすくなった

・嫌なことがあったときに、立ち直りが早い。

・嫌なこと自体が減っていく。




人生は命の時間だから

嫌な時間に占められれば、嫌な人生だし、

いい時間に占められれば、いい人生です。



その、「嫌だ」「いい」を決めるのが

「思考パターン」(思考回路)です。


その奥には「心」があるんだけれど、

心よりも思考で過ごしていると、

ぐるぐる抜けられなくなりがち。



嫌な出来事を無理矢理、

いいことにする必要はないと思います。

私も嫌なものは嫌です。



でも「このままじゃ嫌」と心が訴えてくることは

改良してみてはどうでしょう。

嫌なことがあったときこそチャンスです。


客観視+感謝。


頭よりも心が「こっちだよ」と

示してくれる気がします。



心理学を学んだわけでもないけれど、

今日は身近な例を持って、

個人的な実践例を書いてみました。



ではでは、また明日

講師の瀬戸川礼子でした。


デルフィニウムを買いました。










3人の妻を病気でなくした ある医師の話



こんばんは。

ついに緊急事態宣言が終わりましたね。



今日は、そのテーマとは関係ないのですが

こちらのnote第3弾をご覧いただけるとうれしいです。







むかし、友だちに聞いて

ずっと忘れられない、

信じられないような実話です。



どんな状況になっても、

人は人のあかりになれるーー。



なにかの時に、ふっと、思い出すのです。



よかったら、noteの最後の「♡」を

押してくださると励みになります。


瀬戸川礼子でした。




誹謗中傷しない自分でいるために



こんにちは。散歩日和の日曜日でした。

紫陽花のグラデーションにうっとり。

そろそろ梅雨かな。




今日のテーマは、

「誹謗中傷しない自分でいるために」です。

昨日知った痛ましいニュースを受けて…。

ご冥福をお祈り申し上げます。




2008年5月1日、

私は初めてのSNSをスタートしました。

それがこのブログです。



始めるとき、私は自分に約束しました。

「私が書くSNSには、自分の名前を出す」


もともと仕事の原稿は、すべて署名入りですし

Facebookは名前公表がルールですが

そうじゃないSNSでも公表しようと。顔も出そうと。



匿名にしない理由は、前に書いたように、

ジャーナリストという職業柄

書いたことに責任を持つためです。



でも実は、もう一つの理由があったんです。

それは「誹謗中傷しない自分でいるため」。

他者に対する悪口を、自分に書かせないため。



これまでずっと、仕事でもSNSでも、

悪口・誹謗中傷を書いたことはありません。

必要だと考えれば指摘はさせてもらいますが、

「徹底的な悪口」=「誹謗中傷」はしません。


けれど私は、聖人君子でもありません。

黒いシッポを持ったデビルレイコさんと

共存している自覚を持っています。


感じ悪い人には「感じ悪っ」って思うし、
馴れ馴れしくされるのも
しつこく付きまとわれるのも嫌いです。
なんでもかんでも「いいんですよ」と、
にこやかに許せる器はありません。
そうなろう、と思う気すらありません(笑)



だからもし、

私が匿名の投稿をするようになると

悪口を書く可能性があるんです。

文字を書くのは仕事柄、慣れてるし。

怖っ



例えば、お店に入って

すごく嫌な態度を取られたとしたら

「〇〇でこんな目に遭った」と、

書く可能性はゼロじゃありません。



そういうことを自分にさせたくないんです。



クレームがあるなら直接、言うとか、

直接、電話やメールをするとか、

しかるべき人に頼んで言ってもらえばいい。

めったにないけど、私はそうします。

そのほうが正々堂々としていられるから。



そしてまた、

「人には良心がある」と私は考えるので、

卑怯なことをしてしまうと、

いつかそれに気づいたとき、

良心がうずいて非常に苦しむと思うんです。



何が苦しいって、

「自分で自分が許せない」

これ以上の苦しみってないんじゃないかな。

許せない自分から逃れることはできないんですから。



だから、ひどいことをしたことに向き合えないと

自分は悪くない」と思い込むわけだけれど、

心の底では悪かったと分かっているわけで、

本音に背いて生きたって、

自分自身を生きていないことになる。



誹謗中傷した非は、

自分で認めても認めなくても、

どちらにしても苦しいはずです。



なので、その世界に入らないように、

自分で自分を律する仕組みを作る。

それが、私にとっては

名前を公表するということです。



おとといのブログで、

SNSが怖くてできない人は

匿名でやったらどうですかと書きました。

そのブログはこちら

それは、あなたは誹謗中傷するような人ではない、

という前提で提案しています。



匿名で発信できるのはSNSの利点なので、

これを非難するつもりは全くありません。



でももし、私のように「匿名、危険」と感じるなら、

名前を出すのは悪くないアイデアだと思うんです。



自分の思いを、自分の名前で発信する。

ごくごく普通のことですよね。



明るい道を歩きましょう!





ではまた明日

経営ジャーナリストの 瀬戸川デビル礼子 でした。





コロナ禍で「部分最適」は「全体最適」になるか?



今日のテーマは、

コロナ禍で「部分最適」は「全体最適」になるか?


ちょっと堅苦しい言葉ですが、

私にも理解できたので、大丈夫です。




例えば、環境で考えてみます。

人間がペットボトルの飲み物を多用すると

一回、一回という部分では最適ですよね。

空になれば捨てればよいから便利です。


けれども、地球規模で考えると、

自然が汚染され、生き物に悪影響が出て、

全体最適とは真逆の状態になります。



ほかの事例でも考えてみます。

例えば、生活用品をつくる大手企業が

原料の企業に強引に値引きさせると、

大手企業は利益分が増えます。


けれど、原料の企業は取り分が減るので

その社員の給料は減り、結局、その家族は

大企業がつくった生活用品を買わなくなり、

市場が停滞していきます。


どちらのケースも、

部分最適が全体最適につながっていません。




では、コロナ禍に目を向けてみましょう。

新型コロナウィルスは、世界中に広がり、

国も地域も年齢も性別も地位も財産も

一切関係なく、平等に罹患させています。


そしてまた、どこかの国で感染が落ち着いても、

すべての国で感染が落ち着かない限り、

世界を自由に行き来できません。


これはまさしく、

部分最適ではなく全体最適が必須の構図です。



ということは、これからの世の中は、

誰かだけ、どこかだけがいい思いをするのではなく、

誰でも、どこでも、いい思いができるように

変化していく!

……とは言い切れないのが難しいところです。



苦難に遭遇すると、

人は手をつないで協力することがある一方、

自分を守ることに固執することもあるからです。



だから、コロナの第一波が終息しても、

世界はそれほど変化しないかもしれません。

国と国が嫌がらせをし合う状況はそのままかも…。

お金が一番大事だ、と利己的に考える人が

むしろ増えてしまう可能性もあります。

世界的な貧困問題や環境問題は、

これからも、さほど変わらないかもしれません。



コロナ禍によって、

自分さえよければという

「部分最適」が進んでしまうのか、


自分は世の中の一部だととらえて

「全体最適」が進むのか、

どちらでしょうか。


混ぜこぜになるとは思いますが、

どちらの勢力が勝るんでしょうか。



私は、そんなわけで楽観視していませんが、

だけど…、と思うんです。

それこそ部分的に見ると変わらなくても、

全体的に見れば、少しずつ少しずつ、

気づかぬうちに全体最適の道へと

進んでいくのではないかと。

この前までお正月だったのに、

もう梅雨になろうとしているみたいに。

やっぱり、自分自身のことも含めて

人間の良心を信じる。



そうならなれば、

何のためのコロナ禍なのか。



ふわっとですが、私はそう思っています。

あなたはどう思われますか?




経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。





SNSで情報収集していますか?



こんばんは。

今日のテーマは「SNSで情報取集していますか?」です。



SNS(Social Networking Service)の代表各は、

・さまざまなblog

・Facebook

・Twitter

・LINE

・instagram

・youtube 

かなと思います。


上記のうち、私はyoutube以外、やっていますが

SNSとは何たるかを

教えられるほどの知識はないのと、

たくさんやればいいとも思いません。


※ yotubeにも動画がアップされていますが、
出版社やセミナー主催者がアップしてくれたものです。



ただ、いろいろやっていると、思うことがあります。

一つ目は、

やっている人とやっていない人の

情報格差が開いていく、ということです。



中でも、私がもっとも大きいなと思ったのは

twitter上での政治情報です。

誰をフォローするかにも寄りますが

Twitter上には、テレビや新聞では報道されない

日本の政治のニュースが挙がってくるんです。

政府としては隠したいであろう、

国会中継の失言(本音)とか。



よっぽど世論が動かない限り、

新聞やテレビというマスメディアは、

いまの政権に都合の悪い話は報じないことを知りました。




SNSをやっていて思うこと二つ目は、

発信することで、自分のアンテナが磨かれ、

受け皿も増える。


このブログもですけれど、発信者になると、

自分で自分の考えを精査することになるし、

発信する楽しさと責任が同時に生まれるので、

SNS発信しない時よりもアンテナが磨かれます。

情報のキャッチ力が増すし、

「本当にそうなのか?」と調べるようになります。



3つ目は、自分の影響力のなさに気づかされる、です。



私の周り(友達や仕事先の方々)には

SNSを一切しない人が何人もいて、

しない理由の断トツ一位は「怖い」なんです。

何が怖いかというと、「炎上」です。



でもね、しませんよ「炎上」。

なぜかというと、私も含めて素人が何を言っても、

世間は見ていません。そんなに影響力を持ちません。



炎上するのは99.9%有名人です。

私たちは一般人だから、

炎上してもらえるほど注目されていないんです。



起きる可能性が果てしなく低いことを

怖がる必要はないんじゃないかな?



むしろ、有名人になったら大変ですよ、

言いたいことも言えなくなります(笑)。



でも、それでも炎上が怖いなら、

匿名でやるのはどうでしょうか。

私はジャーナリストという職業側、匿名はしないんですが、

アイコンも名前も匿名にすればバレません。

これならだいぶ安心ですよね。



とりあえず他の人の投稿を見るだけでもいいので

やってみたらどうかなと思います。



いま60代の人が、SNSをやっていないとして、

あと40年あります。

その間、LINE以外のSNSをやらないというのは、

情報格差が大き過ぎると思うんです。



明治時代に、外国に渡った人と、

日本しか知らない人の情報格差みたいに。


少なくとも2つくらいはチェックしてはどうかな、と。



例えば、私の感覚でいうと、

Facebookは「和」を尊ぶ平和な村の午後3時で

twitterは「個の意見」が行き交う仮面舞踏会です。


情報のとんがり具合や、守備範囲が違う。



なので、SNSは一つだけではなく

いろいろ知っておいたほうがいい。



そして、多面的に情報を得たうえで、

自分はどう考えるか、

自分で考えたほうがいいなと思っています。




とにかく何度も書きますが、

多面的に情報を仕入れたほうがいいと思います。



そうしないと、気づかぬうちに、

自分の思考を操作されてしまいそうだから。

もちろん本を読むのも大事です。


「私はこう思う」と意見を持つためにも、

情報を多面的に仕入れておきましょう。


ではでは、また明日。今日もありがとうございます♪

瀬戸川礼子でした。



今日やることは、頭で思っているよりリストと時間割を書こう



こんにちは。

オンライン勤務が一般的になりつつあるご時世ですね。


そこで今日は、「今日やることリストや

その時間割を書いておくといいですよ」

というお話です。


誰にも見られず、

今日やらなくてもいいことが大半になると、

今日やらなくなって、

明日もやらなくなる。


やらないとまずいことは付け焼刃になり、

「だめだな~」と思ったりしませんか?


私は21年前に独立して通勤がなくなり、

こういう状態を経験しました。


せっかく新しいスタイルを取り入れるなら、

「割とよくやっている自分」でいるほうが

自分自身、気分がいいですよね。


そこで、

「いまさら聞かなくても知ってる話ベスト10」

に、確実にランクインする話ですが、

1週間分のやることリストを書いておくとか、

前の晩に「明日やることリスト」を

書いて寝ることをおすすめします


・机の整理整頓

・〇さんにメール

・図書館で〇をピックアップ

・次の連載、構想ねる

・〇まで散歩する

・『〇』を1時間読む

・〇について調べる

などなど。




で、リストだけでもいいけれど、

時間割にしておくともっといいです。




頭の中で思ってるだけなのと、

紙に書いて時間設定しておくのとでは、

まったく自分の動きが違ってきます!

驚くほどに!


まあ、私は毎日欠かさず

やっているわけではなく

書いた日も、なかなか全部のリストは消せないのですが。


でもたまに、

今日やることリストをすべて消せて、

紙を丸めてポイできたとき、

肩書きをまっとうできた気がします。


「じゃーな、リスト」 


なんちゃって


これを言いたかっただけのブログでした~。


でもほんと、リストはおすすめです。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした (*´艸`*)


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子




ベーシックインカムで離婚率は上がる、と勘違いした米国の残念な話


こんばんは。

今日のテーマは、

「ベーシック・インカムで離婚率は上がる、

 と勘違いした米国の残念な話」です。



ベーシック・インカム(BI)とは?

国民に最低限度の生活を保障するために

現金を支給する政策。

生活保護とは異なり、年収に関係なく、

全国民に支給されるのが特徴です。



ベーシック・インカムという考え方、

私は直感的にいいんじゃないかと感じますが

まだまだ勉強不足で解説はできません。



ただ、これを知っていく前段階として、

タイトル通り、びっくりな話があるので、

ネタとしてあとでご紹介します。



ここから先は、

①ベーシック・インカムの事例

②私の考え(途中)

③びっくりな話 

④THE BIG ISSUEの話 と続きます。




では、①事例です。

北欧のフィンランドは2017~18年の2年間、

ベーシック・インカム(BI)実験をしました。

このときは、対象は全国民ではなく、

無作為に選んだ 25~58歳の失業者、2000人。

毎月560ユーロ(約6万5000円)を支給しました。



すると、

BIを受けていない人より受けた人のほうが

生活満足度が高く、精神的ストレスを抱える率は低く、

社会組織への信頼度が高くなったそうです。



~  ~  ~



私が聞いた限りですが、BIに反対する方は、

税金が増える、財政的に難しいなどのほか、

BIを支給したら人は働かなくなり、

国が衰退していくと考えていました。



私も財政面は厳しそうと思いますが、

人が働かなくなるとはとても思えません。

働くってつまり誰かの役に立つことだから、

「働くことが好きな人」は本当に大勢いるし、

むしろ、お金の余裕が出来たほうが、

「働こう」と思える気がするし、

BIがあれば、お金のために嫌な仕事をするより、

お金が低くても好きな仕事をしようと思える。

それって幸せなことだし、

結果、いい仕事ができるんじゃないでしょうか。

犯罪も減りそうだし、

シングルマザーや病気の方、介護している方、

計り知れない人の人生が豊かになりそう。

と、私が言えるのはこのくらいまで。




では、今日の本題、びっくり話です。

これはNHK『欲望の資本主義2018』の中で、

オランダの歴史家でジャーナリストの

ルドガー・ブレグマンさんが言っていました。


アメリカのニクソン大統領は70年代初頭、

ベーシックインカムをやる寸前だった。

当時、ほとんど誰もがやることを信じていた。

左派のガルブレイスも、

右派のフリードマンも賛成していた。

ニクソンの提案は2度、議会を通過した。

だが、民主党はもっと高いベーシックインカムにすべきだと主張して、

2度とも折り合わなかった。


ここからです! 聞いて、私はひっくり返った!

   ↓

もう一つの歴史の皮肉は、

アメリカで行われたベーシックインカムの社会実験だ。

結果は文句のつけようがなかった。

社会保障費は下がり、犯罪は減少、子供の成績は上がり、

人々は労働をやめなかった。

だけど、ただ1つ、離婚率は上昇した。50%ほど。


すると、共和党などは皆、

「ベーシックインカムを採用しない」と決めた。

女性がより独立してしまったら、

男性は良い結婚生活を送れなくなる。

これはダメだ。とね。


だが、わずか10年後、

ある研究者が当時の統計の誤りを発見した。

離婚率は上昇していなかった。

でも、時すでに遅しだ。

偶然が絡み合った奇妙な歴史だ。

もし、アメリカがベーシックインカムを採用していたら、

影響は計り知れなかったろう。


どう思います、↑ この実話。

どんだけ男尊女卑なの? 

どこが自由の国なの? 



同じ番組で、

アメリカの電子決済サービス企業戦略担当である

ビール・セガールさんは次のように言いました。


水は公共の資源だよね? 公園も。

なぜ、お金だけはそうならないんだろう?

(略)

自動化で仕事が減る社会では、

富を生み出すために皆が働く必要はなくなる。

結局、自由に使える時間こそが富だ。

有限だからね。

自由な時間ほど豊かに感じるものはない。

それこそ自由な人間だ。


 ~  ~  ~  


今日は久しぶりに『THE BIG ISSUE』を買いました。

ホームレスの人の仕事をつくり、

自立を支援するためのもので、

1冊450円の半分(230円)が

ホームレスである販売員の収入となります。




ちょうどテーマが

「コロナ補償とベーシック・インカム」

しっかり読んでお勉強します。


販売員さんにマスクを差し上げようとしたら、

知り合いにあげられるほどたくさんありますから、と。

それならよかったです!

逆に、オレンジをもらって帰りました(笑)😊


こんな優しい人も、ベーシック・インカムで

より自由な時間を豊かに使えたらいいなあ。



今日も読んでくださりありがとうございます。

あなたはベーシック・インカム、どう思いますか?



経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。




note第二弾は「太巻きを食べながら、私は初めて仕事で泣いた」


2020年5月15日に始めましたnote。

その第二弾を5月18日、きのうアップしました。


タイトルは、

太巻きを食べながら、私は初めて仕事で泣いた」





その日は、人生で最も体調の悪い日だった。

けれどよりによって、

日帰りで四軒、旅館の女将さん取材を入れていた。


~続きはこちら~

https://note.com/setogawareiko/n/n55e6f4571a49



記事の最後の「♡」を押していただけると

おまけが出てきます!





この下手な絵は、夜のフロントガラスをイメージして

3Dペイントで描いてみました。




自由に言葉をつむぐのは楽しいなあ。

経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。



おもてなしに値するお客さんになろう


今日のテーマは

「おもてなしに値するお客さんになろう」です。


昨日の

ふるさとは自分でつくってもいい、

 血縁じゃなくてもいい」の続きというか。

https://76653926.at.webry.info/202005/article_20.html


今日の内容は、

あいさつしようとか、

威張るのってダサいよとか、

当たり前だけど、大事なお話です。


ご存じのように日本には

「おもてなし」という言葉がありまして、

迎える側がお客さんに対して

「はは~っ」ってひれ伏すような

イメージを持つ人がいるようなんですが、


違います。


このブログを読んでくださっている方には

「分かってるよ」という話ですよね。


私の解釈では、

おもてなし」には上下がないんです。


なぜなら語源は、

◆表も裏もないから「おもて、なし」

◆持ってなす
(私の解釈=真心を持って人間関係をなす)

だからです。




20年間、毎月、各地の女将さんに会いに行き、

お客さんに対する思いを何度も何度も

お聞きしてきた記者の立場として、

言えることがあります。


いい人間関係・信頼関係で結ばれている

お客さんの話をするときの女将さんって、

本当にいい表情をされるし、

心の支えだと涙ぐむ方も少なくありません。


迎える側とお客さん、と立場は違えど、

互いが互いに人として敬意を払っているのです。

ここは大事なポイントでしょう。


だから、どちらも嬉しい気持ちとか、

幸せな気持ちとか、

穏やかな気持ちでいられるのだと思います。


普通の生活でも、また会いたいと思う人は、

互いに敬意を払える関係ではないでしょうか。


敬意を払うって、言葉は堅苦しいけれど、

実際は難しくありません。


例えば、

宿泊施設に行った例として、3つ挙げてみますね。


☆「いらっしゃいませ」にあいさつを返す

こっちから先にあいさつするのもいいし、

「こんにちは」

「お世話になります」

「楽しみにして来ました」などなど返事をする。

(結構、無視する人が多いです)


☆思いやりを持つ

減点法で見ない。

その施設があるお陰で、お客として楽しめます。

働く人も同じ人間、同じ喜怒哀楽があります。

自分がそうであるように、完璧な人もモノもありません。


☆もしクレームがあったらその場で冷静に伝える

その場で言えなければ、あとでフロントへ。

声を荒げるのは慎みましょう。冷静に。

また、何も伝えることなく、

挽回のチャンスを与えないまま、

帰宅後、SNSに悪口を書くのは卑怯です。



もっと簡単に言えば、

自分がもてなす側の立場だったとして、

「こういうお客さんは嫌だな」

と思うようなことはせず、

「こうされたらうれしいな」

と思うようなことをする。



 たかだか数万円払ったくらいで

立場が上になった気になるなんて

ダサいですもんね。

百万円払ったとしてもダサいけど。


おっと、    ↑

しれっと、デビルレイコが出てきたので

このあたりでやめておかないと。



では、早めにまとめです。

いい気分で過ごしたいなら、

冒頭に書いた本当の意味の「おもてなし」

を自分からしよう。相手に敬意を払おう。

それが、

おもてなしに値するお客さんになる

ということだと私は思います。




読んでくださっているみなさまには

余計なお世話だったかもしれません。


女将さん取材27年しました瀬戸川礼子でした。


おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 - 瀬戸川 礼子
おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 - 瀬戸川 礼子


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子





「ふるさと」は自分でつくってもいい、血縁じゃなくてもいい


日曜日があっという間に過ぎていきます。

起きたらお昼だった私のせいなのですが(笑)。



さて今日のテーマは、

「ふるさとは自分でつくってもいい、

 血縁じゃなくてもいい」です。



昨夜、旅と音楽がテーマのzoom交流会に

少し登壇させていただき、この話をしました。

ブログにも残しておこうと思います。





ふるさとの定義は(広辞苑)

自分の生まれた土地

住んだことのある土地



けれどもそれだけではなく、

帰れる場所、戻れる場所、

心が休まる場所、懐かしい場所

豊かな自然が残っている場所、

というニュアンスもありますよね。



とすれば、

縁もゆかりもない場所だっていい、

血縁者がいなくてもいいのです。






私は幸運なことに親と仲が良いので

帰省は楽しみですが(今は自粛中)、

世の中には実家に帰りたくない人が

いることを理解しているつもりです。

悲しいことに、毒親っていますから

「家族が一番」みたいな家族神話は信用していません。



でも、どこかに帰れる場所があったら

ちょっと心が豊かになるんじゃないかな、と。


また、実家など従来のふるさとが好きでも、

それとは別に新しく自分で

帰れる場所をつくるのもいい。


「心のふるさとは自分でつくれる」。



雲仙にて



例えば、旅館はいかがですか。

全国にいいところたくさんありますよ!



場所によっては温泉もあり、

料理も、夜・朝と豪華にいただけて

しかも、食器を洗わなくていい(笑)。



それに、必ずとは言えないけれど、

女将さんと知り合いになれる場合もあります。

風光明媚な場所にあったり

そういう場所が近かったりしますから

季節も感じられるし、空気もおいしいし、

行くだけでリフレッシュできるでしょう。

金額も、数千円から数十万円まで選び放題。



提案としては、普通の旅の感覚に、

「ふるさとを探す」という感覚を加えてみる。

そして気に入ったら、「ここにしよう」って

自由に決めていいと思う!

わずらわしさのない、

心がのびのびできる、

自分だけのふるさとです。




毎年、南三陸や塩釜を旅する私



取材で出会った女将のみなさんによると、

隔週で来るお客さん、

毎月来るお客さん、

年に一回同じ日に来るお客さん、

常連になるとそういう人もいるそうです。



そして、数ある旅館の中で、

再びのご来館は本当にうれしい

おっしゃいます。



行く側も、次に行く日を決めておくと、

生活の張り合いになったりして。



あの土地に行けば、

あの人、あの景色に会えると思えるのは

とても素敵なことと思います。



泊まるところだけじゃなくて、

ほかのお店に知り合いができたりして、

うれしいですよ、そういう関係は。



書いていたら、全国の会いたい方々の顔が

浮かんできました。


堂々と旅ができるようになる日は

そう遠くないでしょう。






次に旅に出るときは、

自分だけの「ふるさと」はどこかな?

探してみるのも楽しいですよ!



次のブログはその続き。

「おもてなしに値するお客さんになろう」です。


47都道府県に複数回ずつ行きました、
経営ジャーナリストで講師の瀬戸川礼子でした。




※ その一は下記からご注文いただけます






【コロナを乗り越えるための情報シェア】ホワイト企業大賞で始めました


こんにちは。

今日はぜひ見てほしい情報をご紹介します。

委員として携わっているホワイト企業大賞では、

受賞・応募企業のみなさんを

ホワイトフェロー呼んでいます。

そのフェローの方々に

アンケートまたは委員によるヒアリングを行い

「コロナを乗り越えるための情報シェア」

を始めました。

https://note.com/whitecompanyway



社員に向けて何をどう発信しているのか

自宅待機の孤立感をどう払しょくするか

資金面はどう対応しているのか

取引先とどうやりとりしているか

リモートワークはどう進めているのか


いろいろな情報をシェアしてくれています。

ぜひご覧ください。

https://note.com/whitecompanyway


私もいくつかヒアリングさせていただき、

社員との信頼関係や、恐怖との格闘の話を聞き、

涙しました。


◆アンケート内容

・現状(困っていること、気づけた事)

・工夫点(社員、顧客と取引先、資金面など)


◆今回ご協力いただいた

 ホワイトフェロー企業(24社)


1.四国管財
2.グッドラックスリー
3.たこ梅
4.シー・アール・エム
5.日本レーザー
6.小林税理士事務所
7.グランジュテ
8.坂井耳鼻咽喉科
9.ラポール
10.永井医院
11.ダイワワークス
12.スズキアリーナ川口
13.東産業
14.リベラル
15.西精工
16. ゲットイット
17. GCストーリー
18. ご縁の杜
19. 荒木組
20. iYell
21. 上州物産
22. 王宮(道頓堀ホテルグループ)
23. NEXTAGE GROUP
24. 医療法人かがやき


◆ホワイトフェローの方々のみならず、

多くの方々にとって何らかのヒントとなり

また勇気や励ましや希望の

一助となることを願っています。


◆ なお、コロナ禍の現状は

時々刻々と変化するため、

第一弾(4月末~5月8日)の情報となります。


何か役立ちたい。ホワイト企業大賞委員の

瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子



今日からnoteを始めました



こんにちは。

今日からnoteを始めました。



初回は自己紹介。

テーマは、

なぜ「きれいごとでいこう!」なのか






noteはブログのようなもので、

すでにここで13年間、やってきているのですが、

noteでは「読み物」に焦点を当てて

書いてみたいなと思います。


幸せを送る「アフリカローズ社」の薔薇 ~ギフト経済へ~ 


早速ですが、見てください、

この美しく力強い薔薇を。



本当は、母の日のサプライズのはずが、

母の日指定を忘れた上に、

自分の住所を書いてしまい、

今、私のもとに届いてうかれています(笑)


そんな今日のテーマは、

幸せを送る「アフリカローズ社」の薔薇 

~ギフト経済へ~ です。


と、その前に

薔薇の件は心配ご無用です。


先週、母から、

「庭の薔薇が今までで一番きれいに咲いたよ」

とLINEで写真が届いたばかりなので、

私のうっかりミス2連発は正解だったのです。


こちらが実家の薔薇。本当に見事。


リビングにも飾って。



では本題です。

一番上の写真のカラフルな薔薇は、

萩生田愛さんが創設された

アフリカローズ社のクラウドファンディングで

送られたものです。https://afrikarose.com/


ホワイト企業大賞でご一緒の武井浩三さんが、

同社の取締役になられたことで知り得ました。



アフリカローズ社が

ケニアの薔薇農園から輸入を開始したのは2012年。

当時150人だった、薔薇農園のケニア人 正社員は

いまでは2000人に増加しています。

医療や教育面など福利厚生も整ってきているそうです。


人生が好転した人がたくさんいるんだろうなあ!


夢のある、現実に起きている

素敵なストーリーに触れさせてもらいました。


コロナ禍で、多くの会社が苦境のいま、

応援したいという思いで

いろいろ買っている方、少なくないと思います。

私も同じくです。


で、商品が届くたびに思うんです。

払う側が、うれしく感じるって

素晴らしいことだな!と。


「モノが手に入った」とは違う

優しさや温かさがあるんです。



「ギフト経済」

という言葉をご存じでしょうか。

私は今年に入って耳にしました。


ギフト経済ラボという組織は、

次のように定義しています。


人の優しさで、人・モノ・カネが動く。

それは決して、取引きでも、交換でもなく

ただ、ただ、人の幸せを願って、

未来の子ども達を思って、動く。

価値と価値との交換を超えた、

優しさを渡しあう、

贈りあうことで成り立つ経済。

貨幣経済のその先。

不安と恐れのない、幸せの経済が

「ギフト経済」なのです。




私が思う一つのポイントとして、

「普通の経済」と「ギフト経済」は、

1人称と3人称の違いがある感じ。


「私がうれしい」から「みんながうれしい」へ。

そして「みんながうれしい」ということが、

さらに「私もうれしい」になっていく。


これは、よくここでも書いている

「量的な満足」から「質的な幸せ」へ。

ということなんだなあ。


ギフト経済。これから広まって行きそうです。


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子






スタッフの休業を10割補償する「道頓堀ホテル」 ~通販「お家で本格中華」を応援しよう~


「道頓堀ホテル」の初めての通販

「お家で本格中華」が届きました。

3品セットが2種類あって、両方頼みましたが、

まずは写真の

「エビとカシューナッツの炒め、肉団子、ユーリンチー」

を美味しくいただきました。



3品で2100円(3カ月間35off)の安さ。

冷凍なので日持ちし、

解凍・湯煎するだけでOKです。

2~3人前はございます。


通販サイトはこちら

https://dotonborih.base.shop/?fbclid=IwAR1HY6q0rbceWMulq8z7LSzFqIo0tE7pNF4IbLIJ6jqWA0-VOR2eGBiuCq0



道頓堀ホテルの宴会・中華料理は

もともと評判がいい上に、

応援したい!(含む私)という方が多く、

2000件もの注文があったそうです。

すごい数。


先に届いた方から、

直筆のメッセージが入っていたよ

と聞いていたので、

手分けして書かれているのかと思いきや…、


え!?

社長の橋本正権さん・専務の明元さん、

お二人からメッセージが(涙)




2枚を手に取り、じーっと見つめました。

そうか、ここまでやるんだ…。


道頓堀ホテルグループ(ホテル3軒とパチンコ2店)は、

本気の社員第一主義。

正社員はもちろん、保険適用でない

学生アルバイトにも10割補償をしているんです。



もう一回書いておきます。

正社員はもちろん、保険適用でない

学生アルバイトにも10割補償をしているんです。



専務の明元さんはある月曜日、

学生アルバイトには休業補償しないと言いました。

でも、何か心にひっかかったと言います。

そして、「同じ(仲間)じゃないか」と思い直し、

先の発言を撤回。

2日後の水曜日には、

学生アルバイト全員に支配人が電話をかけ、

補償する旨を伝えたそうです。


学生アルバイトだけで60人います。

大変な額になるわけですが、

同社の考えは「同じじゃないか」でした。


電話を受けたアルバイトは、

「正式に辞めさせられるのかと思った」と。

普通はそう思いますよね。

でも、道頓堀ホテルグループからのそれは

「補償します」という電話だったのです。


なぜなら、道頓堀ホテルグループは、

日頃から次の優先順位で経営しているからです。

①社員の健康

②雇用

③社員の生活

④会社の存続


一般的には、

④がなければほかもないと考えますが、

道頓堀ホテルグループは、

①②③があって④がある

という考え方なのです。


売上高ゼロが続いても、

1年以上、給与を払える財務基盤を

こつこつと築いてきた同社です。


しかし、巨額の固定費が

日を追うごとに消えていく状態は

どれほど恐怖であることか。

なかなかできない決断だと思います。


「おもてなしホテル」を目指す

「道頓堀ホテルグループ」は、

働く人をまず思いやり、大切にします。

その大切にされた人が、

お客さまを大切にするという循環。


私の好きな「きれいごと」をされています。


創業50年間、一日も休んだことのないホテルが

新型コロナウィルスによって長期休業。

そんなときでも、働く人すべてを守ろうとする。

これが本当のきれいごとだと思います。


今後、再開し、徐々に国内外の宿泊客が

戻って来るようになれば、

前よりさらに

愛されるホテルになっていくに違いないです。


道頓堀ホテルの通販サイト

https://dotonborih.base.shop/?fbclid=IwAR1HY6q0rbceWMulq8z7LSzFqIo0tE7pNF4IbLIJ6jqWA0-VOR2eGBiuCq0


 いい会社を守りましょう!


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子



「アベノマスク」より「ベフノマスク」



今日、高知の友人・別府さんから届きました。

手作りの「ベフノマスク」

心配りがうれしい! ありがとうございます



これは思い出にしようと、

普段やらない自撮りをしたりして。

しかも盛ってます ↓




素敵な生地で丁寧につくられていて、呼吸しやすいです。




ほかにも、こんなに。

陳列棚から消えた除菌ジェルやウェットティッシュ

他たくさん送ってくれてホント有り難い!





お手紙もいつも達筆。

毎日、忙しく働かれているのに、

どれだけの時間を割いてくれたんだろう。

思わず段ボールにおじきしました。



どのようなマスクも用途は同じですが、

優しさでつくり出されたものは

手にしたときの喜びが違います。

つけたくなるし、

その後もありがたさが残ります。



プロセスが成果物の質を決める。

そんな基本を改めておさらいしました。


感謝。*☆+.*.。☆゚+..。*゚+



そしてさらに盛る↓




瀬戸川礼子でした。



「誤解させた」こと自体に罪を感じられるか? 〜検察庁法改正に抗議しますに思う〜


こんばんは~🌙

#検察庁法改正に抗議します のツイートが

累計500万件を超えたのは昨日のこと。

すさまじい数で、今日も伸びています。

そのうち一つは私のツイートです。



さて、今日のテーマは

抗議そのものの話ではなく、

「誤解させたこと自体に罪を感じられるか?」です。



「#検察庁法改正に抗議します」は

「腐敗」を非難しているわけですが、

私は500万という数をみて、

法改正そのものに反対するのみならず、

別の思いが内包されていると感じました。



森友・加計・桜を見る会などなど、

これまでの疑惑と言動を総合的に見て

「信じられない」「いい加減にして」

という意思表示だったんじゃないかと。



一方、抗議しない人の中には、

検事長の定年(現在は63歳定年)と

国家公務員の定年(2030年度に65歳へ)

を、単にそろえようとしているだけだと

言う人もいます。


だから、真偽は分かりません。



ただ、そこでまた思うのです。

万が一、いえ、百万に一、

抗議する側の「誤解」だったとしても、

「誤解させた」こと自体がダメだよね、と。




何度も取材で伺っているいい会社の経営者は

以前、こう話されました。



誤解は、そう思わせたこと自体が罪なんですよ。

誤解だから仕方ないんじゃない。

そもそも誤解させてはいけないんです。

誤解があると、何を言っても信用されません。

誤解は本当によくない。

「信はすべてのもとをなす」といって、

組織は信用なしには成り立ちませんから。



テーマがテーマなので社名は伏せますが

まったくその通りだと思いませんか?



繰り返しになりますが、

今回の法改正の抗議が、

万が一、百万に一、誤解だとしても、

誤解させたこと自体がNG。

説明しようとしないからもっとNG。



これが先のようにいい会社だったら、

誤解で済ませず、

そう思わせたことに罪を感じ

誤解を解くために、何度も何度も、

言葉を尽くすんじゃないかな。



そしてまた、

誤解させたこと自体がだめなんだと

思えるような人や会社は、

そうならないよう思いやりを持って

伝える努力をしていくでしょう。



だって、

誤解と信用は両立しないのだから。




経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。



【おまけ】今日の一瞬の空。しましま。




「経費」も透明にしよう!


こんばんは。

夏日でしたね☀


昨日のブログ ↓ 

「業績を透明にしたほうが会社は強い、と思う理由」


の補足を、今日はしたいと思います。


テーマは、「経費も透明にしよう!」 

「武井塾に参加しました ~経費も透明に~」

https://76653926.at.webry.info/201908/article_11.html


交通費をはじめ、交際費(食事代やお土産代)、

文具代、ガソリン代、資料代などなど、

仕事をしていると「経費」がかかりますね。


経費 = ある事をするのに必要な費用


会社で働く人は、経費を戻してもらうために

経理に請求するわけですが、

一般的には、誰が何を請求しているか見えません。


仕事で必要な経費を請求しているとは限らず、

公私の区別がつかないものを請求する場合や、

明らかに私用なのに仕事用と主張して

請求する場合もあるでしょう。


立場が上になればなるほど、

経費は不透明でも許されるようになります。 


2019年の武井塾で、武井さんが言われたのは、

「誰がどう清算しているか

 みんなが見られる状態であれば、

 その都度、自制心が働く」と。


 また、

「人間は合理的な生き物だから、

自腹か清算か微妙な場合は、

5000円の出費を自分でかぶる場合と

5000円は戻ってくるけれど、

それによって信頼を失うかもしれない場合

これを天秤にかけ、

冷静に損得で考える力が

発揮されるんじゃないでしょうか」と。



お互いの清算を見られる環境にあれば、

かっこ悪いことは慎みますよね。

実際は、各々がチェックし合うことって

時間もないし、ほぼやらなそうですが

「いつでも透明にしている状態そのもの」

が大事なんだろうと思います。


経費とその請求を透明にすると、

自分を律する心が作動し、

それは人間力や組織力につながり、

経費削減にも反映され、

会社の財政基盤を強くし、

社員のためにも良い状況になる。


盲点である「経費」の透明性。

とっても大事ですよね。


 えー、最後に、

25年経って時効なので白状します。

前職の会社では、残業ご飯1500円までOK

という福利厚生がありました。

私はそのお金を使って、私的に、

パン切りナイフを買ったことが!(≧∀≦)

残業はざらだったので、

中華で手頃なご飯を食べたり、

パン屋さんでパンを買ったりしましたが

あるとき、1500円以内で買える

パン切りナイフがパン屋さんで目に入り

サンドイッチのかわりにナイフを買った。

そして、そのまま会社に請求しちゃった。


これはダメな例。

仕事に必要な経費じゃないですからね。

まことに申し訳ありません m(__)m


 と、こういうことも透明性が高いと

「やめとこ」と自主規制で防げます。


 そんなかっこ悪い過去を語りつつ、

経費も透明にしようというお話でした。


そのパン切ナイフはいまも現役です。

いましめの調理道具(笑)。瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子