テーマ:マーケティング

②エネルギーを考える ~なぜ原発を使うの?~

こんにちは。ジャーナリストの瀬戸川礼子です。 スイッチをパチッと押せば点くあかり。 コンセントに差し込めば動き出す電気機器。 当たり前に使っていた電気はいろいろな方法で作られていた、 というお話です。 ・火力発電 ・水力発電 ・原子力発電 ・風力発電 ・地熱発電 ・太陽光発電 ・燃料電池発電 ・廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シーティング」で車いすを快適に

こんにちは。ジャーナリストの瀬戸川礼子です。 昨日はアクセスインターナショナルの山崎泰広社長に お会いしました。http://www.accessint.ne.jp/ 車いすの販売や「シーティング」技術を広められている方で 私が『週刊ホテルレストラン』の編集記者だった時代から、 バリアフリーやユニバーサルデザイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「マザーハウス」に行ってきました

こんにちは。ジャーナリストの瀬戸川礼子です。 バングラデシュやネパールといった発展途上国で、 バッグやストールなど、自社オリジナルのものづくりを行ない、 日本で商品販売している会社がマザーハウスです。 将来はパリやニューヨークでの展開も目指していらっしゃいます。 http://www.mother-house.jp…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

出雲紀行② ~岩盤浴~

出雲で2泊したのは、ホテル・リッチガーデンといって、 日本庭園のあるビジネスホテルでした。 駅からタクシーでワンメーター離れており、客室もシングルですが、 宿泊客は岩盤浴(女性)、サウナ(男性)が無料で楽しめる点が特徴。 岩盤浴は、ひところ流行って、いまはあまり看板を見かけませんが、 2晩続けて入ったら肩コリが楽になっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キッザニアを取材しました

ご存じですか? Kidzania(キッザニア)。 99年にメキシコで誕生した、子どものための仕事体験パークです。 http://www.kidzania.jp/ 日本には、東京・豊洲ららぽーと および 兵庫・甲子園にあり、 豊洲のほうへ行ってきました。 モスバーガー、宅急便、消防車、コカコーラ、朝日新聞、J-wav…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォロワーが一人のバカをリーダーに変える

ツイッターで、鳩山前首相が「裸踊り」発言をしたそうですね。 ツイッター未参入者の私はよく分かっていないのですが、 知人の鬼丸昌也さんからyou tubeの画像を紹介してもらいました。 (鬼丸さんはNPO法人テラ・ルネッサンス理事長。  地雷除去など素晴らしい活動をされていてご講演も評判です。   http://www.on…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャープのブランド戦略2010

「それいゆ」主催のセミナーに参加してきました。 テーマは、『未来をひらく シャープのブランディング活動   ~その時、社員の心が動いた!~』 http://www.e-soleil.biz/index.html 講師は、長年、シャープのブランド戦略室のリーダーを務められた後、 2年前に定年退職された石井ブランド戦略…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本隆さんと松田聖子ちゃんの不変性

「時代を読んだり、予測したりってみんな考えるんだけど、 不変的なことを考えたほうが売れるし、お金になるんだよね。 お金になるということを悪く取る必要はなくて、 ものすごく現実的な評価なんだよね」 誰の、、、どんな立場の方の言葉だと思いますか? 先日、NHKの番組に出られていた作詞家・松本隆さんの言葉です。 か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

石川紀行② 金沢へ

旅館まつさきを後にして、翌日は金沢へ向かいました。 最寄りの「松任駅」から3駅で到着です。 金沢は言うまでもなく、人気の観光地ですが、 通常の路線バス以外に、観光バスがとても充実していました。 街に点在する見どころを余すところなく回ってくれる さまざまルートのバスが1時間に何本も通っています (100円または20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊現代』 ホテルのランチバイキング

本日、12日(水)発売の『週刊現代』に出ております。 実はグラビア、、、、 なわけもなく、 「今週のうまいもの番付」というグルメページです。 毎回、「ビヤガーデン」、「寿司店」、「魚のおいしい店」など テーマごとにその内容に詳しい方が登場して、 お勧め店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンジメーカー ~真っ暗闇のレストラン~

目が見えない状態になって、手探りで食事を楽しむ。 そんな真っ暗闇のレストランがスイスにあると知りました。 NHKテレビ「CHANGE MAKER」の再放送で紹介されていました。 http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20081010_doc.html 日経BPにも詳しく紹介されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄居町 紀行

こんにちは。ジャーナリストの瀬戸川礼子です。 女将さん取材で、埼玉県・寄居(よりい)町へ行ってきました。 寄居は、熊谷と秩父の真ん中に位置する風光明媚な町です。 笑顔がチャーミングな女将さんがいる「鮎の宿 京亭」のお話は この次にご紹介するとして、今回は寄居町さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドハーベスト 全ての人に食べ物を

貧しい国々に送られている世界の食糧援助量は、 1年間で850万トン。 これに対して、日本国内で1年間に捨てられる食糧は、、、、 なんと2000万トン! 日本の廃棄量は、世界の援助量の2倍を軽く超えていました。 日本で消費される食糧は年間6000万トンだから、 3分の1(2000万トン)も捨てられていることになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業の定性・定量評価テキスト

『知りたい業種がよくわかる 定性・定量評価で中小企業開拓コース』 という 通信教育のテキストを執筆しました(開講中です)。 http://www.khk.co.jp/b/result.php?num=126 発刊は㈱経済法令研究会。金融関連のテキストや書籍に強い企業です。 FP技能士や証券アナリストなどの参考書も豊富です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パートの友達から

成田空港の近くに住む友人からメールが届きました。 最近、大規模スーパーでパートの仕事を始めたそうです。 仕事で出会ったこの友人は、覚えが早く、段取りも上手、しかも面白い。 当時から一貫して契約社員やパート社員を希望しているのですが、 そんなわけで仕事には困らない人なのです。 このところご主人の仕事を手伝うのも飽きて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裸のコミュニケーション

週に0()~数回の割合で、スポーツジムに通い続けています。 筋肉痛は心地よい程度になりました。 激痛時代のブログ(7月22日付)はこちら↓ http://76653926.at.webry.info/200807/article_14.html 頑張ったご褒美はお風呂です。通っているジム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の献血のはずが...

打ち合わせの帰り道、小1時間ほど余裕があったので、 近くの献血センターに立ち寄ってみました。1年ぶりです。 久しく献血をしていないという方は驚かれると思いますが、 血液を取ってもらうまでに、いまは1時間もかかるんです。 高校生のころ、数グラムでも体重を軽くしたいという邪心から、 献血バスの駐車場まで自転車を飛ばした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセージの伝え方

こういう表示、最近はいろいろなところで見かけますね。 写真は、あるインテリアショップのトイレの入り口に張られていたものです。 いまではもう珍しい文言ではありませんが、性善説で考えられている 気持ちのいいメッセージだなと、改めて思いました。 特にこのお店は、使っている用紙もき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バオバブの花と神社

京都~福岡と、飛び石講演(?)があり、 あいだの一日を休日にして京都の街を散策してきました。 翌日の体調を考慮して、5時間のショートコースです。 北山~上賀茂神社~四条河原町を回りました。 北山はおしゃれなお店が点在するエリアですが、 今回のお目当ては北山駅から徒歩0分の府立植物園。 前日の京都新聞の一面に、青い昼顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽村市のイブニングセミナー

昨夜、東京都羽村市にてセミナーを行なってきました。 テーマは、「顧客満足も社員満足もあなた次第 ~管理職の役割とは~」 http://www.city.hamura.tokyo.jp/kassseikasuisinsitu/zinzai/20/index.htm …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勘違いの顧客満足 

「顧客満足」。 もはや私にとってライフワークとなったこの言葉、 ひとくくりに出来ないなあ、と思うことがときどきあります。 新刊に詳しく書いたのですが、「勘違いの顧客満足」があるのです。 最近、その当事者となりました。 週末に夏風邪をひき、熱が何日間も続いてぐったりしていました。 病院に行くわけですが、…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

メリークリスマス!

あと3カ月もすれば、街には「ジングルベル」が流れ始め♪、 4カ月後にはクリスマスも終わり、門松がお目見えします。 不確実なことが多い世の中ですが、時間だけは確実にやって来るのですね。 さて今日は、リーガロイヤルホテル東京 (早稲田)の 「真夏の 『クリスマスメニュー&宿泊プラン』 発表会」 に行ってきました。 発表会の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あぶないFAXオーダー

「特上 幕の内弁当 6個 ○○大学○○研究室」 久しぶりにこんなFAXを受信しました。 近くのお弁当屋さんと番号が似ているので迷子FAXが届くのです。 年に数えるほどですが、それがかれこれ10数年、続いています。 通算すると結構な回数に上ります。 お腹を空かせた大人たちが、来るはずもないお弁当を待ちぼうけ してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッグ売場にて 3

<前回までのあらすじ> ・想像力がないと、顧客の思いをくみ取ることは難しい。 ・人の思いを想像する、という状況では1つの条件がある。  それは、相手の気持ちをスタートラインにすること。 ・3人の販売員さんたちは想像力を持っていると思う。  ではなぜ、発揮できなかったのか? <今日のコラム> 実は、あのときお客だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッグ売場にて 2

<昨日のあらすじ> 紺色のニット、紺色のペンダント、紺色の時計をした女性客が、 バッグ売り場で 好みの紺色のバッグを手に取りました。 ところが、この女性客がはしごした3店のバッグ売場すべてで、 店員は「色違い」をアピールしてきました。 なぜ、彼らはニーズをくめなかったのでしょう。 <今日の結論> 答えはいろいろある…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

バッグ売場にて 1

突然ですが、問題です。 バッグ売場に、紺色のニット、紺色のペンダント、紺色の時計をした 女性客がやって来ました。そして、紺色のバッグを手に取りました。 さて、この女性は、バッグの何に惹かれたのでしょう? 1.色 2.デザイン 3・大きさ 問題にしたので、「ひねっているのかな?」 と思わせてしまったかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月刊誌 『マンスリーm』

今日はお知らせです。 月刊誌 『マンスリーm』さんに記事掲載していただきました。 “ホテルのエグゼクティブフロア活用法”についてインタビューを受け、 コメントしたものです。現在発売中の9月号です。 表紙は女優の伊東美咲さん。 特集テーマは「この夏 夜遊びの作り方」 『マンスリーm』さんは、30代のビジネスマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油高にまつわるお話 2 (いいこと悪いこと)

原油価格はどう決まるのか。 これも前回ブログで書いた「原油高にまつわるお話(歴史観)」に引き続き、 渥美堅持教授に聞いて理解したお話です。 原油も商品ですから、需要と供給で決まるわけですが、 いま問題に上がっているのは「投資対象」になっていることなんです。 お金持ち(含む企業)が、原油をたくさん買い占めています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原油高にまつわるお話 1 (歴史観の違い)

原油の高騰。消費者の一人として、食料品の値上げを実感しています。 なぜ、サウジアラビアは産出量を増やしてくれないのか? 理由は複雑に絡み合っていていますが、いくつかヒントがあるのです。 石油は、土地を掘って取り出すのはご存じの通りですが、 映画 『ジャイアンツ』で、ジェームス・ディーン扮する貧しい主人公が 石油を掘り当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で世相が分かる?

週に1度くらいの頻度で近所の図書館に行きますが、 結構、世相が現れる場所じゃないかなと思います。 本のタイトルを見てそう感じるだけではないんです。 たとえば、その1. 真冬と真夏の平日は、サラリーマン風の男性が目立つようになります。 調べ物をする人が急に増えるとも思えません。なぜ彼らはやって来るのでしょう? 思うに、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more