あぶないFAXオーダー


「特上 幕の内弁当 6個 ○○大学○○研究室」

久しぶりにこんなFAXを受信しました。
近くのお弁当屋さんと番号が似ているので迷子FAXが届くのです。
年に数えるほどですが、それがかれこれ10数年、続いています。
通算すると結構な回数に上ります。

お腹を空かせた大人たちが、来るはずもないお弁当を待ちぼうけ
している図は、、、すみません、ちょっと笑えます。
が、実際問題、腹を満たす 「お弁当」 が届かないなんて大ごと。
お弁当屋さんがぬれぎぬを着せられるのも気の毒なので、
可能な限り、連絡をして差し上げてます。
無視するのもなんだか後ろめたいですしね。

しかし、不在のときはもちろん連絡できませんし、困ったことに、
送信側とお弁当屋さんの両方とも電話に出ないときがあります。
バタバタしているときはFAXを転送してあげるのも忘れてしまいます。
また、お弁当以外にも、他社の部品注文が届いたりもします。


ここで、中小企業診断士として言わせてくださいな。
「それでいいんですか?」 と。

企業にとって、受注は生きる糧。生命線です。
その一つひとつが明日を支えてくれるんです。
数多くの会社の中から、たった1社、自社を選んでくれているんです。
なのに、それでいいんですか?

必ず届けてもらう工夫をしなくちゃ!

間違い電話なら、間違えたことが分かりますが、
FAXは違う番号でも受信されてしまうことがあります。
すると、送った相手は 「送信完了」と思い込んでしまうので、
確認の電話も入れないのではないでしょうか。

FAXでオーダーを取る企業はまだまだ全国的に多いようですが、
あぶないですよ。自社も困る、お客さまも困る、ついでに困るの、私も。
FAX後に必ず電話を入れてもらうとか、工夫をしてくださいね。
とりわけ、お弁当のように 「その時に絶対に届かないと困るもの」 を
提供する企業は、よくよく考えていただきたいと思います。

ところで、先のお弁当屋さんは、FAXでオーダーを受けているわりには
注文用紙に印字されたFAX番号の文字がとても小さい。
文字が潰れて3だか8だか6だか分からない。顧客志向とは言えません。

一方、通信販売企業は、さすがFAXオーダーを重視しているだけあって、
FAX用紙の表にも裏にも、間違えようのない大きな文字でFAX番号が印字
されています。しかも裏面は、FAXを送るときに送り手から見やすいように
表と逆向きに、さらに用紙の上と下それぞれに番号が印字されています。
うん、これが顧客志向。

顧客側に発注ミスがあると、結局、企業側の手間が増えて効率も悪い。
それ以上に、顧客のモチベーションを下げてしまうことが怖い。
FAXを過信しない、受注は必ず受ける、そのための一つひとつの工夫は、
お互いの満足度向上につながる取り組みになると思います。

最後にもう一度、受注は生きる糧。生命線ですよ!


ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした♪


顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック