托鉢の鈴の音


今日、銀座を歩いていたら、修行中のお坊さんが、
雑踏の中で托鉢(たくはつ)をしていました。
袈裟(けさ)を着て、笠をかぶり、左手にお布施をいただくための鉢、
右手に鈴を持って立っている、ときどき見る光景です。
鈴は鳴らさず、小さな声で何か唱えているみたいでした。


いつもは素通りしてしまうのに、なんとなく気になりました。
近くのビルに隠れてお財布を覗いてみたところ、
お札は1万円札と5千円札、小銭は100円玉が2枚だけ。
千円札が入っているのを見たことがあるけれど、相場が分かりません。
「少なくてすみません」。戻って、200円を鉢に入れました。
お札を入れてあげることはできませんでした。
正午を回っていましたが、鉢はまだ空っぽでした。


そそくさと立ち去る私の背中に、控えめな鈴の音が響いてきました。
その音が本当にきれいな澄んだ音だったんです。
振り返りませんでしたが、こちらのほうに身体を向けて振ってくれて
いるような気がしました。たいして足しにならない200円だったのに、
気持ちを組んでくださったのでしょう、
「あの人に幸せがありますように」という祈りが聞こえた気がしました。


静かにチリーン、チリーンと、鈴の音は聞こえなくなるまで続きました。
特に宗教心を持たない私も、素朴な優しさに触れ、有り難さがしみて、
思わず目がウサギに。


言葉を仕事にしているから言葉の力を信じていますが、
ときに、言葉よりももっと人を幸せにするものがあることを改めて感じた
今日のひとこまでした。

(クマじゃないよウサギだヨー)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック