中小企業診断士の理論研修


今日は中小企業診断士の理論研修を受けてきました。

最初に注意事項をアナウンスされました。

「携帯をいじらないでください」

「関係ない本を読まないでください」



え? 何てイイマシタカ?

関係ない本を読みたくなるほど…、もしかして、つまらない? 


危険な予感



研修が始まって、

5分で前の人がコックリコックリと船をこぎ始めました(早いって)。

20分後には半数の首がもたげ、その勢いは6割、7割と増すばかり。

協調性が育ってきた私も、もちろん加わります (ごめんなさい)



目の前の私たちに「~ですよね?」と語りかける場面もなく、

「たとえば」が全然たとえになってなく。



4時間、長かった。



「ためになるお話をありがとうございました」 という司会者の声に、

会場は大拍手 (終わったぞー♪)



だけど、これでいいんだろうか。


4時間×参加者150人=600時間÷24時間=25日

あの空間は25日分にも相当したんですよ。


それに、1人6000円×150人=90万円も得ているんですよ。



診断士は5年ごとに更新手続きが必要で、

定められた理論研修を、それまでに5回受けておかないといけないんです。

だから、中身がどうであれ、人は集まるんだけれど、よくない気がする。




なんて言っている私も、明日は我が身。

講師の一人として、実りある楽しい時間になるようにもっと工夫しよう。




ただ今日、一つ興味を引く言葉に出合えました。


「私たちの祖先は酵母菌と言われています。

 酵母菌の末裔である私たちは、いまITを活用するようになりまして…」


私、昔、酵母菌だったんだ…。

どうりでお漬け物が好きだと思った。



診断士と全然関係ないけど、これはちゃんとメモしました



研修会場から見た空と飛行船
画像












































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック