500年のオリーブの木に思う


スペインで生きてきた推定樹齢500年のオリーブの木が、

都心のお洒落な施設に植えられていました。

こんなに年老いても、

次々と若い葉を生み出す老木には畏敬の念を抱きます。


画像























けれど…、こんな神様みたいな大木を地面から引きはがして、

はるか日本まで連れて来なくてもいいじゃないか、

という気持ちが沸き起こり、

申し訳なく、悲しい気持ちになりました。


画像





















画像

















そんなことを言っていたら、動物園も水族館も楽しめないし、

これを計画した人は、よりよい場にしたいと思ったのだろうし、

そもそも命あるものを食べて生きている私に

そんなことを言う権利はないのだけれど、

物言わぬ木、されるがままの木だから、

余計に思いを想像してしまうのでした。

元気でいてください。


瀬戸川礼子でした。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック