2011年6月の、忘れられない「南三陸キラキラいくら丼」


2019.3.11


東日本大震災から、

もう8年、

まだ8年。



下の写真は、

2011年6月に「南三陸ホテル観洋」
http://www.mkanyo.jp/

女将・阿部憲子さんを訪ねたときにいただいた

地元グルメ「南三陸キラキラいくら丼」です。



ホテルは頑丈な岩盤の高台にあるので

建物はしっかり建っていましたが、

ライフラインは閉ざされ、陸の孤島でした。



ホテルに行く前に寄った当時の街は、

360度、本当に壊滅していて、

あの日の朝まで使われていたであろう

布団や毛布は、がれきの中で泥まみれに。

車はひっくり返ったまま。

現実のものと理解するのが難しく、

呆然としたまま、

合掌するくらいしかできませんでした。



そんな最中、ホテルに到着すると

憲子さんは笑顔で迎えてくれ、

笑い声を交えながらお話をしてくれたのです。

こちらのほうが元気づけられました。



画像
















このとき、3カ月経ってもまだ水が出ない

過酷な状況だったのに、

こんなに素敵な食事を提供されていることに、

驚き、感激…。



さまざまな思いが交錯し、

あとで写真を見直したら、

私としたことが、

手が震えてブレていた。



おしぼりのホテル名もまともに入っていない

ダメな写真なんですが、

あのときを忘れないための大切な一枚です。


祈りを込めて…。



瀬戸川礼子でした。




この記事へのトラックバック