「心の痛みを誰かに聞いてもらいたい」と思って実行した話


2019.11.17


秋らしく過ごしやすい日曜日でしたね。

私は冬~春のベランダづくりにいそしみました。


ビオラを5株






さて、話は変わりますが、先日、このブログで

連載している『帝国タイムス』の記事を紹介しました。

心の傷を隠さずに済むチームは強いという内容です。



偶然なのか引き寄せなのか分かりませんが、

その後すぐ、上記のことを体験したのです。


今日はそのお話。



先週、久しぶりに凹むことがありました。


ふらりと入ったかんざし店で、

若い店員さんに言われたんです。

「使い方をお教えしますから、

娘さんや、お孫さんにいかがですか?」



・・・お孫さんって、あーた、

おらんわ ✋(← 突っ込みの手のつもり)



むっとして即座に店を出たのですが、

傷ついたなあ…としみじみ思い、

あの店員さん、なぜ店を出たかわかってないだろうなあ。

同じことを、他の人にも言って傷つけているんだろうなあ。

それに、女は子供を産むもんだと思い込んでるよなあ。

店に来た本人を飛び越えて、娘や孫に買うもんだと

思い込んでいるのもおかしいよ。


↑ こうしたこと全部、

現代のダイバーシティ(多様性)とかけ離れているし、

この店員さんがいつか同じことを言われて、

傷つくような目にも遭ってほしくないんだよなあ。

もういい加減にそういう昭和の考えはやめようよ。

いつまで女性を型にはめておく気なんだろう。



店を出てから、私はそんなことをつらつら考え、

このまま帰ったら私は引きずってしまうと思い、

「言いに行こう」と決めました。

普通はそのまま帰るんでしょうけど、

自分をごまかすのも嫌だし、

こういう思いをする人は私で最後にしてほしい。

あの店員さんはやり手っぽくて、分かってくれそう。



いやもちろん、いやですよ、こういうの。

でも、スルーしてはいけないことってあると思う。



で、お客さんがいなくなったときを見計らって

店に入り、ちょっといいですかと、思いを伝えました。



店員さんは「申し訳ありません」と何度か言い、

分かってくれた、と感じることができました。



ところが、再び店を出た後の私は、

「今度は、私が彼女を傷つけたのではないか…」と

さらなるダメージを受けてしまうという始末。



言われて傷つき、言って傷つき、

困ったらこスパゲティです。


どうでもいい絵ですけどね ↓ いまは。





これまで私は、気持ちがざらっとしたときは、

一人で考え、一人で癒し、一人で解決してきました。

相談を受けることはあっても、自分は相談しないタイプ。

それで一つ一つを糧にして、一件落着してきたのです。



でも今回は、自分で書いた記事に自分が触発され(笑)、

珍しく「心の痛みを誰かに聞いてもらいたい」と思ったのです。



そして、この前の旅の仲間グループに投稿しました。


🍀


この仲間を改めて素晴らしいと思ったのは、

みんなが私をほめてくれたこと。

みんなが私のしたことを認めてくれたこと。

誰一人、アドバイスを書いてこなかったこと。

さすがだ。



私が「聞いて」と書いたことに対して、

ただ「わかるよ」と「聞いて」くれた。

ほかにもいろいろな言葉が紡がれているんだけれど、

すべて肯定的で、そういうところがいい、と言ってくれた。

これがとても大きな安らぎになりました。



投稿している時点で、本人はもう反省しているわけで、

頼んでもいないアドバイスは、傷に塩を塗るようなもの。

(アドバイスください、と言われてするのはOK )

それを友達はみんな、分かってる。すごいなあ。



心の傷に寄り添ってもらったことで、

いつもよりずっと早く、確実に心が温まりました。

友だちに言うのも、そこそこ勇気がいりましたが、

やってみたらすごくよかったですよ。



いつも言っているように、全体を変えようとせず、

身近なところから、まずは自分から変えてみる、

万が一、結果がダメでも、

変えようと行動した自分を褒める。

それだけでえらい。

バリアを外してやっていきたいものですね。



ではでは、来週もよい週でありますように!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0