高千穂「旅館 神仙」の女将・佐藤久美さんインタビュー



高千穂でのいちばんの目的は、

「旅館 神仙」の女将さんインタビューでした。


神仙は1973年創業。あと3年で50周年です。

http://www.takachiho-shinsen.co.jp/ 



女将の佐藤久美さん(左)と、

丁寧に接客してくださった仲居さん(右)と一緒に。



佐藤久美さんはここで生まれ育ち、

神仙が高千穂で最も低価格だった時代から、

最も高級な旅館になった現在までを、

その目で見て来られました。



3人の息子さんを持つお母さんでもあり、

ご長男は自ら希望して、神仙で働かれているそうです。

そんなに大きなお子さんがいらっしゃるとはとても見えませんね。



高千穂では、しめ縄を一年中飾る風習があります。




離れの客室です。



離れの露天風呂。ラジウム温泉の装置が取り付けられています。



コンセントにもこだわりが。




記事には書ききれなかった、印象的な話を一つ。

変貌の最初のきっかけは、

父で社長の功宏さんが思いを入れ替えたことと伺いました。

大学を中退して旅館業に就かざるを得なかった功宏さんは、

仕事が嫌で嫌で仕方なかったそうですが、

10年経ったころ、

「趣味ととらえよう」と考えを変えたのです。



私も、「仕事は趣味だ」という考えなので共感しました。

「やらされているのではなく、自分の意思でやりたいからやっている」

「好きにやろう」と思うことは、主体性に直結します。




以来、神仙はせっかく趣味なんだから、自分の好きに、

他の旅館と違うことをしようと、

「純和風旅館 神仙」を打ち出して成功。

その後は「旅館 神仙」と名前を戻し、

和風に固執せず

さらなる世界が広がる場づくりをされています。




「想い」というのは、

これから起きる出来事の根っ子です。


行動しなければ意味はないのはその通りですが、

行動は「想い」がもたらすから、

今の想いが、未来の出来事を連れてくるのです。




久美さんも、最近とみに異業種の仲間が増えている実感があると言われ、

未来はますます楽しさが広がっていく、という感じを受けました。




新しい仲間との仕事の一つは、「神仙キャビア」の販売開始です。






こちらは旅館神仙が、町の活性化のために大通りに出した

カフェ「TAKACHIHOYA」。ここにも随所にこだわりが。

居心地のよいお店でした。http://www.takachiho-shinsen.co.jp/cafe/



ソムリエ資格を持つ久美さん。

年に一度、東京で、人気シェフに高千穂の食材を料理してもらい、

ワインと合わせて楽しむ会を開催されているそうです。


瞳がとてもきれいで、

より楽しい未来が映し出されているかのようでした。


旅館神仙 佐藤久美さんの記事は、

2019年12月21日付けの『旬刊旅行新聞』で掲載となり、

同月下旬にこちらのサイトにアップされます。

http://www.ryoko-net.co.jp/?cat=73



出会いに感謝。

ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
おもてなしの原点 女将さんのこころ その一


おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
おもてなしの原点 女将さんのこころ その二

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい