採用は採養。「魂が震えるような体験をデザインする。それが採養の使命」ネッツトヨタ南国の採用魂



採用は今、多くの会社で悩みの種だと思います。

応募者が少なかったり、来なかったり、

内定を辞退されたり、

入ってもすぐ辞めてしまったり。


そんな中、

他社と合同の就活セミナーでは

ブースが閑散とすることがあっても、

内定辞退や定着しない悩みはない会社があります。

熱い思いで創意工夫し続けている

会社の話を聞いてきました(2020年2月3日に)。



「選ぶ」のではなく「選ばれる採用」



それが、

ビスタワークス研究所の「人財課題解決セミナー2回目」。

講師は、小松友紀さんと長山大助さん。

ネッツトヨタ南国の採用をほかのメンバーと共に

長年、担当されているお二人です。


軍曹の異名を取る、友紀さん(笑)

仲間が、その軍曹ぶりを動画にまとめたものを上映。

言うまでもなく、愛のある厳しさという意味です。


今回のテーマ「採用」「採養」と表現するだけあって、

同社の採用は「そこまでやるんだ」と感嘆するものでした。



まず考え方に、「全員が人生の勝利者になる」があります。

よって同社の採用に、労働力を増やすという発想はありません。


「採用は、『人が足りないから3人ほしい』とか、

 そういう話じゃないんです。

 一人ひとりの人生がかかっているんです。

(仲間である人間を)戦力と捉えるのはおかしい」


いいですね~。私の大好きな考え方です。


「人を選ぶのではなく、

 人から選んでもらう。

 さらに、何で選んでほしいかも大事。

 いずれにしても私たちが選んでもらえるように

 魅力的になることが必要です」


これもほんとその通りです。自分にも言い聞かせる。

後ろの方に座っていると、

参加者が聞き入っているのが分かります。



ネッツトヨタ南国が行っている取り組みの数々



同社の社長を長く務められた横田英毅さんは、

40年近く前から採用を重視され、

知ってもらうために自ら何でもされました。

お金でいえば、年に1000万円を採用に当てていたそうです。

「企業は人なり」であり、

その人たちが幸せでなければ存在理由がない、

と考えているのだと思います。

私が企画している「人間力アップセミナー」に

ゲストで登壇してくださったときもそう語ってくれました。

https://76653926.at.webry.info/202001/article_12.html


ネッツ南国はずっとその思いを引き継ぎ、

採用のための新しい企画が次々と生まれています。


その一つは「缶詰ドミノ」。

その名のとおり、缶詰になってドミノをするんです。↓

http://www.vistanet.co.jp/recr…/internship-domino/index.html



また、本社全体を迷宮に見立てた、大掛かりな脱出ゲームも。


いずれも、社員と学生がチームになって

ゴールを目指すのがポイントです。



入社したら、力をあわせる仲間になるのだから、

チームワークを前倒しで感じられるような、

「魂が震えるような体験をデザインする。それが採養の使命」と。




セミナーの中では、講師のお2人が

等身大でそれぞれの紆余曲折を話してくれたのも印象的でした。

だからこそ、採養は大事なんだ!という思いが裏付けられていました。




私と同じテーブルの経営者は最初、

「ネッツさんの採用は高度すぎる気がして、欠席のつもりでした」

と言っていらっしゃいましたが、

「昔は不人気で大変だったそうですよ」と言うと目を丸くされ、

あとは長山さんと小松さんの話にすぐ引き込まれて、

最後は元気よく帰って行かれました。


「採養は経営である」(小松さん、長山さん)。


なんとも素晴らしい講義をありがとうございます!


経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0