命に思いを馳せる南三陸の旅2020 ~南三陸ホテル観洋へ~


今日から数回に分けて、

宮城県の南三陸~塩釜の旅を紹介します。


都内の感染者が減らない中、アップしにくい…。

でも伝えたいことがあるので書きます。

2020年7月2〜3日にかけて行ってきました。

東日本大震災の2011年から毎年恒例の旅。


泊まるのは必ず南三陸ホテル観洋さんです。

女将の阿部憲子さん、社員の伊藤俊さんと。


今年で9回目。

私は震災前にも1度行っているので、

ちょうど10回目になります。


客室からの景色。志津川湾。



壊滅的な津波の被害を受けた土地で、

人は何を思うのか。

町はどう変わっていくのか。


1年、2年、行ってわかるはずもない。

最低でも10年は通わせてもらおうと

当初から決めていました。


ここは、命や人生を考える大切な場所。

被災地の復興と観光も伝えていきたい


南三陸ホテル観洋」の楽しみは、

人、景色、温泉、料理、語り部バスと盛りだくさん。

でも一番は、女将の阿部憲子さんや社員さんと語り合い、

笑い合い、豊かな時間を過ごせることです。


眺望最高の客室。


かもめが必ずやってきます。

見ているというより、見られています(笑)


どれどれ、今日はどんなお客かな?


仙台駅⇔ホテル間の無料送迎バスが毎日出ているので、

車がなくても行きやすい。一人旅の方もいました。




温泉につかりながら、こんなにバーンと

海を望める露天風呂はそれほど多くありません。

とても貴重。前方から朝日がのぼります。


夕食の最後は、「キラキラうに丼」(季節でかわります)
もう最高♡


新鮮なおさしみ


ホヤのお刺身でございます


アワビ!!


南三陸は海のイメージですが、

今回初めて、「海の見える命の森」(ホテルから徒歩5分)へ。

ホテル観洋グループの土地です。


防災と減災の伝承体験をする場であり、

楽しい場でもあり、避難場所にもなります。


ミャンマーから寄贈された白亜の大仏が鎮座しています。


この森ではコテージがつくられていました。

「ピザの石窯」も設置されるそうです。

森の中で焼き立てピザ♡美味しそう。

来年も楽しみです!


次のブログでは、

ホテル観洋が毎朝運行している

語り部バス」の動画をお送りします。


瀬戸川礼子でした。

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス