優等生と呼ばれて全然うれしくない話 ~嬉しくないことを好転させる~



今朝はzoomインタビューをさせていただき

充実の時間から一日がスタートしました。


夕方はまた別のzoom。

ある会議に参加しました。


そこで、「資料を読んできました」と言ったら

「優等生だもんね」と言われたのですが、

「優等生」と言われるのは、

私は全然、好きじゃないことと、

それはなぜかというと、

「生真面目でつまらない」

言われているような気がするからだと気づきました。



実際、優等生という言葉には、

品行方正で学業優秀の意味と、

個性がなく面白みに欠ける人という意味、

両方があります。


前者はもともと私には当てはまらんし、

後者は絶対に当てはまりたくない(笑)。



「優等生だもんね」と言われたことで、

私は改めて2つのことを思いました。


① 言葉は刃物。
  どんな言葉を相手に使うか、
  よくよく気を配る必要があること。
  その言葉に愛はあるか?
  言われて嫌な言葉ではないかどうか、
  私はできるだけ
  そこを考えていきたいと思いました。


② 私は何かから抜け出したいのではないか?
  優等生と言われて喜ぶ人もいれば
  私のように喜ばない人もいます。
  喜ばないということは、
  何かの枠から抜け出したいのかな?
  それは何だろう?
  それを探す旅に出よう。


そんなことを思いました。



素敵なことは素敵なことでいいんですが、

今日みたいに、

いまいち素敵じゃないことは、

「なぜそう思った?」

自分自身に問いかけるチャンスになります。



うれしくない出来事って、

当面はうれしくないままなのですが、

後日、何かの発見をもたらし、

やがて回りまわって

忘れた頃にうれしい出来事に変わる。

そんな粋なトリックがあります。

    

いろいろあるから人生は面白い。

今日は、

「優等生と呼ばれて全然うれしくない話」でした。



あなたがうれしくないことって何ですか?

そこに、自分自身の求める姿が

こっそり隠れているかもしれません(^^)


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

youtuberはこちらです。



【おまけ】
久しぶりに清澄庭園に行きました。秋ですね。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス