ジョー・バイデンさんの勝利宣言に思う


朝起きたら、

ジョー・バイデンさんが当選確定となり、

その後、勝利宣言が始まりました。

ご覧になった方も多いでしょうか。



真っ二つになった大きな国をまとめるのは

どれだけ大変なことかと思いますが、

「分断のない国を」の言葉が

少しでも形になるよう祈ります。


このスピーチ、若々しかった。


そして、カマラ・ハリスさん!

女性初・黒人初のアメリカ副大統領の誕生は、

女性である私にとっても嬉しいことです。





このニュースも心に響きました。

CNNのコメンテーター、ヴァン・ジョーンズ氏は、

涙ながらに語りました。




「今日はいい日だ。

 今朝は親として楽にいられる。

 子供たちに、

 『人格は大事なんだよ』

『良い人であることは大事なんだよ』

と言えるのは楽だ」

twiterにあがった動画を観て、私ももらい泣き💧




一人の大統領と一人の副大統領が

大きな民主国を劇的に変えるのは困難でしょうが、

自分のこと(国)ばかり考えるのではなく、

人の心の痛みに無関心な対応でもなく、

大局観と人間愛を持った政治になることを

期待してしまいます。

他国のこと、言ってる場合じゃないですけど。


あと、もうこれ以上、日本に軍機を売りつけないでね。


~  ~  ~  


それと、もう一つ私にとって印象的なことが。

勝利宣言中に、バイデン氏勝利の投稿を

Facebookにアップしたんです。

で、1時間くらい経って再びFBを見たんですが、

100の投稿をスクロールして確認したところ、

大統領選挙の結果について投稿しているのは、

私ともう一人の女性、計2人だけでした。

ほのぼのした村社会がFacebookらしさ。

政治関連の投稿はされないし、好まれません。



一方、Twitterは論客たちの集まり。

そうじゃない人のほうが圧倒的に多いけれど、

はっきりした主義主張や専門家の意見、

政治関連の本音の投稿を見聞きしたいなら、

Twitterが一番、情報収集できます。



FacebookとTwitterは、

同じSNSでもまったく世界が違い、

両方やっておいてよかったなと

改めて思ったのでした。



明日、youtube17回目、アップします。

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

11.png