「従業員やめませんか」youtubeアップしました!


youtube【幸せに働き生きるヒント

アップしました。

こちら

Solo Travel Hacks (62).png


17回目となる今回は、

25~26年前から思っている

「従業員やめませんか」について語りました。


2008年、2009年にもブログで書いています。

「従業員」から「社員」への単語交代

 

私は、「従う」という言葉を

人間に対して平気で使っていることに

長らく違和感を抱いてきました。


従うって、とんでもない意味だからです。


従:

従う人、付随的なこと、中心とはならないもの。


従う:

・自分より強大なもの、
 不動・不変なものの権威や存在を認め、

 自分の行動をそれに合わせる意。

・後について行く。随行する。

・さからわない。意のままになる。言いなりになる。
 命ぜられた通りに行動する。降参する。屈服する。


こんな屈辱的な立場には

誰だってなりたくないはずです。

なのに、呼称の漢字には平気で用いる。

・・・おかしくないですか?



言葉は変わっていいものです。

動画の中では、

どもりが吃音に(私は隠れ吃音)、

助教授が准教授に、

スチュワーデスがキャビンアテンダント(客室乗務員)

に変更されたという例を挙げています。

なら、「従業員」は?



ほかにも変更となった言葉は

たくさんありますよね。


目が見えない、耳が聞こえない、話せないといった

身体的な障害はむかし、

かなりひどい差別言葉で表現されていました。

いまは誰も口にしないでしょう。

なら、「従業員」は?


後半、語っているのですが、

古来から言われている

「言霊」(ことだま)の力って

私はあると思っているんです。

言霊という不思議な表現を使わなくても、

現実的、建設的に考えて、

どんな言葉を言われるかって

影響が大きいですよね。



例えば、面倒な頼まれ事をしたときに、

「ありがとう」って言われたらうれしいけど、

「どーも」って言われたら?

言ったほうとしては同じ意味だとしても、

「そんな言い方ないでしょ」って

思う人が大多数じゃないでしょうか。

このように、

「言い方」「表現の仕方」って大事なんです。



また、

「できる、できる、あなたはできるよ」

と言われて育ったら、

自信を持てる子に育つ可能性が高いですが、

「ダメだ、ダメだ、なんでダメなんだ」

と言われて育ったら? 

せっかくの可能性が潰されかねません。


そんなことからも、

「従って仕事をする人」という意味の

「従業員」と言われ続けたり

自分で言ったりしていたら、

「自分は従う人だ」という思い込みが

頭や心のどこかに

こびりつくんじゃないかと考えるのです。



中には、

「仕事に従いたいから従業員がいい」。

そんな方もいるので、

そういう方を否定する気はないし、

それぞれ好きな言葉を使えばいいと思います。


ただ、この動画をご覧くださって

自分も「従業員」は嫌だと思っていたとか、

言われてみれば同感だという方は、

・従業員という言葉を使わない

・もし従業員だと言われたら「違う」と打ち消す(心の中でok)

これをやっていきましょう。

「従う」ことに染まらないためです。


もちろん会社は大事ですし大切です。

感謝を持って働くことは素晴らしいです。

でも、従うのではありません。


どんなに大きくて有名な会社に勤めても、

小さな無名な会社に勤めても、

私のようにフリーランスでも、

安泰はどこにもありません。


でも少なくとも

「私は従っているのではない」

「私の道は私が決める」と、

そう思っていれば、

安泰はなくても気概は得られます

気概があればどんな状況でも生きていけます。


私もそうだし、すべての人が

幸せに働き生きられたら最高です。

そのためにも主体性は大切で、

従うことから主体性は育まれません。


だから私は声を改めてあげました。

従業員やめませんか?


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。