会社の数と中小企業の定義を知ると気づくこと


2021.1.4. 

今日から仕事始めです!

と言えなくもありません。

出社がなく、仕事は趣味でもある個人事業主としては、

オン・オフの境目がもともとないのです。

今年もゆるく、しかし、やるときゃしっかり、

手を抜かずに精一杯やりまーす



今日のテーマは、

「会社の数と中小企業の定義を知ると気づくこと」です。


下の図表は中小企業診断士の基本中の基本です。

中小企業と小規模事業者には明確な定義があります。
業種によって定義は異なっていて、
資本金または人数どちらかが当てはまれば該当するので、
ひと口に中小企業といっても大小さまざまです。


定義.jpg


例えば「製造業」の場合、
働く人が1000人いても、資本金が3億円以下なら中小企業です。


また「サービス業」で資本金は7000万円あっても、
働く人が99人だったら、これも中小企業です。


中小企業の枠を出るか・出ないかは、
税率面、企業イメージ、優遇策、人財など
いろいろな観点で検討されるものです。


ところで、前にも書きましたがもう一度。

「社長」と聞くと、特別な人っぽいですが、

日本で働く人の20人に1人は社長という計算になります。


2019年の日本の企業数は281.4万社で、

労働人口は5660万人(役員除く)なので、

単純に割ると経営者率は約5%(4.97)。

なんか、一気に社長のハードルが低くなりますよね。



で、今日のテーマ
「会社の数と中小企業の定義を知ると気づくこと」です。


一つは、起業は1円でできますし(登録料などは別途)、

誰でも社長になれる時代なんですが、

全国281.4万人の社長がいて、

コロナ禍で大変な思いをしているだろうな、と

そう思うわけです。

経営者には誰か家族がいるでしょうし、

まともな経営者なら社員の生活を守りたいでしょうし、

その社員にも家族がいるでしょう。



経営者が背負っている負担というのは、

見えないけどすごく重いんですよ。

自宅を借金の担保にしている人も少なくないので、

倒産したら家ごとなくなります。社員とはそこが違う。

あと、信用にも傷がつく可能性が高く、

その点も社員よりずっとペナルティがある。

これは、敗者復活をさまたげる日本社会にも問題があります。




放漫経営で会社を潰す人もまあまあいるので、

そこは同情しきれないけど、

一生懸命にやって倒れる人は一人でも少なく

あってほしいと切に願っています


~  ~  ~  


次に、中小企業の定義を知ると気づく一つは、

「定義が結構ゆるい」ってことと(笑)、

業種で定義が違うということは、

どの業種で働くかによって、

最初からある程度の会社規模が想定できる

ということでしょう。

定義.jpg

例えば、小売業の場合、イオンのような大企業は別にして、
中小企業だったら資本金5000万円以下または50人以下の
会社になるわけです。

要するに、数字を知ると、
いろいろ付随したことが見えてきますよね。


ただし、念のため書いておきます。
会社の規模と働き甲斐は比例しませんので、
大きい会社に入ることが幸せで、
小さい会社に入ることは不幸せ、ではありません。
規模と幸せは関係ないです。


~  ~  ~ 


最後、これはついでに。
私、丸21年、個人事業主としてやってきまして、
今年はとうとう法人化しようかなと。

個人事業主の屋号は「リバーオフィス」ですが
社名にしては何屋さんか謎すぎる。
もうちょっと、親切かつ光る名前を考えようと思います。
…ネーミングが不得意です(笑)。


では~(^^)/

いよいよ社長になる!?
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちらです















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)