返答が予想できても「あえて聞く」 ~インタビューの心得の一つ~


こんにちは。

今日はジャーナリストっぽく、
インタビューのコツを、お一つ。


それは、

返答が予想できても「あえて聞く」 

です。



相手の答えが予想できても

「なぜそう思ったんですか」と、

私はあえて聞くようにしています。



語彙が豊富な日本語の中から
どの単語を選ぶのか、

どんな表情で話すのか、

そのときの声のトーン、話の間。


そうした細部に
この人ならではの
思いが込められるからです。


例えば、一般論では普通、
こういう答えが返ってくるけど、
この人の考えはもっと深い!
と、発見があったりします。


また、思いが感じられなければ、
この件に関しては、
特別な思いは込められていない、
ということが分かります。


どちらにしても、
自分が勝手に「こうだろう」
と決めつけないで、

「あえて聞く」って大切です。



※より楽しいのは対面のほうですが
電話やオンラインのインタビューだと
打ち込みながら聞けるので効率的♪

IMG_1669.jpg




で、このとき肝心なのは、
質問者が保身に入らないことです。


「こんなことを聞いたら
 馬鹿に思われる」

「こんなことを聞いたら
 嫌な顔をされそうだ」


そんな風に先回りして、
質問を止めてしまっては、
聞けるものも聞けません。


本質に迫りたいなら
馬鹿なふりも必要です。


ま、私はふりじゃなくて
「地」なんですけれども (*´艸`*)


人に話を聞かせてもらう
インタビューの場は、
自分の賢さを披露する場ではなく、

「あなたのことが知りたい」と、
相手の真意を聞かせてもらう場です。

ここをぶらさないことです。


たまにはジャーナリストらしいことを
書いてみたりして。


この道28年の
経営ジャーナリスト・中小企業診断士
瀬戸川礼子でした。


youtubeはこの道まだ半年です。
異なる意見の言い方の動画はこちら
25 言い方.png


一人ジョブシャドウィングはこちら
Solo Travel Hacks (45).png