発言とその人を分けて考える💡


今日のテーマは、

発言とその人を分けて考える です。


electric-light-bulb-emoji-by-google.png


twitteやFacebookなど
SNSをやっている方は
思い当たると思うのですが、


この人の、この発言は残念…

ということが起こりますよね?


いつもは共感していたりすると、
裏切られたような気がするかもしれません。
(私もそう思われていたりして


でも、思うんです。
それだけで「がっかり認定」するのは
違うんだな、と。


よほどの差別発言・ハラスメント発言、
そして自分が魂レベルで大切にしていることを
踏みにじる発言をされたら、
がっかり認定は仕方ないと思います。


でもそれ以外はまあ、
目をつぶってもいいんじゃないかな。


例えば私はここでもたびたび書いているように
従業員という言葉が嫌いです。
家畜じゃあるまいし、
「従わせる」という漢字が嫌なんです。


17.png



けれど、出会った経営者が
「うちの従業員は~」と言っても、
それだけでがっかり認定はしないです。


正確に言うと、
聞いた瞬間はがっかりしますが、
それはそれ、と切り離します。


なぜなら、
言葉は「従業員」を使っていても、
実情は人を大切にしているかもしれないし、
その人は私に気に入られるために
発言しているわけではないし、
違う人間なのだから、
違う考えなのは当然だからです。


まして、SNSだけで繋がっている人のことは
普段の姿も、背景もわかりません。
つまり、発言はその人から出た「部分」であり、
その人の「全体」を表しているとは
限らないのです。



もしこういうことで
いちいち人との間に壁をつくっていたら、
どうなるでしょう?
自分の周りは、
自分でつくった壁だらけになります。


そんな小さな世界で生きるのは、
自分自身にとって損ですよね。


よって、その瞬間はがっかりしても、
あとでちゃんと冷静になり、
発言と人そのものは
切り離して捉えるのが
世界を狭めないコツ、と考えています。


善悪で考えても、
損得で考えても、
壁はできるだけつくらないほうがいいです🍀



経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】やってます♪
30個のサムネ.jpg








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)