佐藤可士和展@新国立美術館に行ってきました


2021.4.22

昨日は、ある会議に出た足で
新国立美術館に佐藤可士和展を観に行きました。
とてもよかった~(^^)

開催場所である新国立美術館、
ユニクロ、セブンイレブン、
Tカード、楽天などなど、
多くのブランディングをされています。


突き抜けた明快さでどれも記憶に残ります。

176345180_3404628652970213_859901895379306368_n.jpg


175951103_3404629509636794_5039021049976168072_n.jpg


177409747_3406361156130296_3495361343859775826_n.jpg




175666194_3404628759636869_6357448122937043815_n.jpg



今治タオルブランドのマーク。これ特に好き。
177676530_3404628822970196_2213371438490624032_n.jpg

スマップも
176752038_3404629012970177_7446308389696161241_n.jpg



企業や商品の価値を見つめ直したり、
掘り起こしたり、
人を育てたりしながら戦略的にデザインし、
現実の未来につなげる。

ロゴは入口に過ぎない。

ブランディングに対する
考え方にも魅了されました!✨


この言葉も好きだなー。

「価値とは、
相手の心の中に生まれるものだ。
相手を起点に考えなければならない。
自分と相手。
常に『トンネルを両側から掘る』
感覚が必要となる」
(佐藤可士和)


あと、この話も、くすっとおかしく、
今の片鱗も見えて、心に残りました。

可士和さんは小さなころから
絵を描くことが大好きで、
まだ言葉を覚える前は、
「マッテ」が紙の名前だと思っていたと。

なぜかというと、
建築家である父親の図面や新聞など
ところかまわずに絵を描いてしまうので、
いつも母親が「待って!待って!」と
紙を差し出していたから。

真っ白な紙に、
今から新しい世界が生まれると思うと
たまらなくワクワクした、と。

そんなことが書かれていました。
なるべくして今の自分になられたんだなー。


小5ですでにこの作品。
176221226_3404629339636811_4786297140824440574_n.jpg


老朽化した幼稚園を更地にして、
コンセプトから携わった「ふじようちえん」
子供心がうずきます!(東京・立川市)
176096493_3404629036303508_3813280564535531183_n.jpg


オリジナルのフォントまで考える!
176268972_3404629396303472_4054412261566283806_n.jpg



176398369_3404628676303544_3395952249673149736_n.jpg



展覧会は5月10日までです。

美術館そのものは、
喋らない・触れないところなので、
コロナ仕様の場所ではないかな。


アートのセンスはないけれど、
アートに生きていきたい、
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちら。
30個のサムネ.jpg









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0