中小企業診断士になっても絶対にやらないと決めていたこと  ~試験監督の優越感は恥ずかしい~


おとといアップした
youtube【幸せに働き生きるヒント38th】。

Solo Travel Hacks (68).png


動画では言わなかったことを
追加で書いておこうと思います。


(私は2008年に診断士登録しました)


テーマは
中小企業診断士になっても絶対にやらないと決めていたこと  
~試験監督の優越感は恥ずかしい~


私は、
「中小企業診断士になっても絶対にやらない」
と決めていたことがありました。


それが、試験監督です。



test_shiken_businesswoman.png

↑ こういう風に(なんか私に似てる😊)
一生懸命、試験を解いている受験生を
上から見下ろし、監視する役目です。



ベテランの人だけでは足りないみたいで、
毎年、合格1年目の人から募集するんです。


有志で一緒に勉強していた人の中には、
優越感を得るために、
「合格したら試験監督をするのが夢」
と、言う人が結構、いましたけど、

それを聞いた私は心の中で、
「下品だな」って思っていました。
(↑ むかしの話だから書いてしまおう)


私はいくつかの有志の勉強会に入っていて、
ほかにもそういう人たちが多かった。
何十人もの間接的な勉強仲間がいたわけです。


よって、試験監督になったら、
去年まで有志で一緒に勉強していた人を
監視することになる可能性があります。
それはわりと高い確率です。


実際、私は受験生のときに経験しています。
親しい人じゃなかったけど、
一緒に勉強した人が、
試験監督になって私を見下ろしていた。


その人は優越感を覚えたでしょうか。


私は合格してもそんな優越感はいらないし、
もっと言うと、
そういうことに優越感を覚えるのは
恥ずかしいことだと感じました。

いまも、そう思います。

診断士の試験に限らず、
たいていどんなことについても、
優越感を持つのは…。


診断士の勉強過程では、
このように知識以外で気づいたことが
たくさんありました。


「優越感」について気づけたのは
とても大切な学びだったと思います。


優越感が好きなグループと、
優越感が恥ずかしいグループと、
世の中は2つのグループがあるのかもしれません。

後者は、優越感をまったく感じないのは
人間として無理なんですけど、
あからさまにしないということですね。

私が出会ってきた、すてきなリーダーは後者です。


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。



私のちょっと変わった職歴はこちら
Solo Travel Hacks (65).png


私のちょっと変わった学歴はこちら
Solo Travel Hacks (68).png



仕事メールで「これはやめて~」3点



新学期、新年度が始まっています。

今日のテーマは、

仕事メールで「これはやめて~」3点。


business09.jpg


では早速、いきます♪


①すべての件名を名前にするのはやめて~
 ・「瀬戸川です」というように、
  どのメールもすべてこの件名にされると、
  あとで確認したいメールが非常に探しにくいです。
  件名=内容にしてほしい。
  

②返信履歴を消すのはやめて~
 ・下に返信履歴を残しておいてくれれば、
  1つのメールで過去のやりとりを
  すべてさかのぼれて便利です。
 ・消すほうが丁寧だと考える方がいますが、
  プライベートはともかく、ビジネスのやりとりでは、
  履歴を残したほうが効率的で親切です。


③署名を必ず入れて~
 ・メールは手紙と同じ。必ず署名(氏名)を。
 ・仕事メールは自動署名を活用してほしい。
 ・同じ時期に、別件で同姓の人と仕事をしていると、
  苗字だけだと、訳が分からなくなる(笑)。
 ・至急、電話する必要がある場合、
  スマホの電話帳に入っていないと
  調べなくてはならず手間なのです。



とりあえずこの3つはお願いしたいことだし、
細かいことですが、この先ずっと役立つと思います。

年間で換算すると、
小さな配慮でお互いが効率化できます。

なにとぞ~。

デスクワークの現場からは以上です。

愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


Solo Travel Hacks (68).png