震災から10年目、10回目のホテル観洋さんへ 2021


こんにちは

13~14日は旅に出ていたため、
ブログをお休みしました。


東北新幹線の車窓から
DE3B0C90-C1F4-452E-9D3D-748BB5568302.JPG


東京駅 東北新幹線ホームの 0キロポイント。
終端駅までの距離をここから測ります。
406B98F4-5888-449B-8BC1-3A127D059856.JPG




毎年の恒例、
宮城・南三陸~塩釜に行ってきました。

東京の感染がおさまらない中でしたが、
旅の1週間前から誰にも会わず、
迷惑をかけないようにして行きました。



定宿はホテル観洋さんです。
IMG_5823.jpg



特別室のお風呂。カモメに覗かれるので(笑)
ここには入らず、
大浴場と大露天風呂を楽しみます♨
IMG_5820.jpg



じゃーん♪
IMG_5810.jpg



10年前の2011年6月。
東日本大震災から3カ月後に、
ホテル観洋の女将・阿部憲子さんを訪ねました。


ホテル観洋は、志津川湾を見下ろす
頑丈な断崖の上に立っているので、幸い無傷でした。
ロビーの売店の商品も一つも床に落ちませんでした。


志津川湾をUの字に見立てると、
ホテルは右上(高台)にあり、
町はUの底に当たります。


町は文字通り壊滅し、多くの方が亡くなり、
私が訪ねた3カ月後でも、
まだ町にはガレキが散乱し、
布団や車が泥まみれになったままでした。


私はただ、手を合わせることしかできませんでした。



無償だったホテルも、まだ水が出ません。
避難場所として600人を受け入れていますから、
水がないのがどれほど辛いことか…。

でも、憲子さんは明るくて、強くて、未来を見ている。
私はそこに驚きました。


東京の女将サミットでも何度もお会いしているのですが、
憲子さんは人の陰にそっと立っているような人で、
取材を頼んでも「私なんて」と毎回、断われるほどだったんです。


それがこの人は、1000年に1度と言われる
未曾有の大震災の中で、
もう大変よ~と、笑っている。


すごすぎる。


誰も経験したことのない被災を
憲子さんはどう乗り越えて行かれるのか、
ホテルはどう成長していくのか、
町はどう変わっていくのか、
私はどう見つめていくのか。

これは1回行ったくらいでは分からない。
毎年、通わせてもらおう。

最低でも10年は毎年通いたい。

そう決めました。

そして今回、10年目を迎えたのです。


女将さんも、ホテル観洋も、
着々と進まれているのを毎回感じ、
頭が下がります。


女将さん(右から2人目)と一緒に。
旅の服はカラフルに♪ 私は左端。
IMG_5881--------------.jpg



ホテル観洋さんのお見送り。ありがとうございます!
IMG_5877.jpg


10年経ちましたが、また来年も行きま~す♪


 ~  ~  ~



ただ、ホテル観洋さんは進化されてるけれど、
はっきり言って南三陸の町と行政は、
10年経ってもこれだけなの?という感じ。
復興の大金はどこに流れているのかしら。


女川も同じくらい被災しましたが、
もっともっと復興しています。
復興の質もスピードも違いすぎます。
女川は、未来を生きる若い人が意見を出し、
のびのびと動けるよう、
ベテラン勢が計らってくれているのです。
それがベテランの役目だと。


リーダーの在り方も、考えさせられます。


今回の旅は、別ブログでアップしていきます!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


YouTube【幸せに働き生きるヒント】はこちらです。
IMG_5975.jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)