セミは1カ月生きる ~常識を疑う力~




こんにちは。
お暑うございます🍉

これを読んだとき、
私はホントにホントに
すごいな~~~と思って、

以来、夏になると思い出します。


小さな頃から、
「セミは1週間しか生きられない」
って聞いていませんでしたか?


土の中で7年も過ごすのに、
地上に出たら7日間で死んでしまうと。

「なんという人生だ」と
子ども心に思ったものです。


けれども、
当時、高校3年生の植松蒼さんは、
常識を疑い、研究した。

捕まえたセミの羽根に
油性ペンでマーキングして、
後日、捕獲する方法で。



その結果、

「最長生存確認記録は

アブラゼミが32日間

ツクツクボウシが26日間

クマゼミが15日間だった」(山陽新聞)


すごくないですか?

いや、どちらにしても
セミの人生は短いです。

でも、
「7日間に決まっている」という定説を
「そうとは限らない」と、くつがえした。

ここがすごい!



考えてみれば、
すべてのセミがぴったり7日間で
死んでしまうわけはないですよね。

人間だって、猫だって犬だって、
寿命にはばらつきがあって当然。


昆虫のセミだって、
個体によって違うのは自然なんだけど、
誰も調べようとしなかった。


これで思い出すのは「歯」の話です。

紀元前の大昔、
人間の歯は、女より男のほうが多いと
信じられていました。
歯の数は男女とも同じなのに、
誰も「数えてみよう」と思わなかった。

哲学者アリストテレスですら、
女の歯は男より少ないと本『動物誌』に書いています。
口の中を覗くだけで真実が分かったのに、
当時の常識を信じてしまっていたんです。


~  ~  ~


常識を疑う力。

閉塞感がひたひたと蔓延する現代に
必要な力だな~と思います。


セミの鳴き声が奥深く聞こえるようになった
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

ではまた~


YouTube【幸せに働き生きるヒント】こちらです。
生き物つながりで、ロバの話をどうぞ。
49.png
心に残るお話です。