空いていても優先席に座らない理由



こんにちは。蒸し暑い東京です。

さて今日のテーマは、こちら。

「空いていても優先席に座らない理由」


優先席って空いていることが多いので、

体は不自由ではないけれど、

せっかく空いているから座っちゃおう、

誰かが乗ってきたら代わればいい、

そんな風に思う人が少なくないと思います。

私もそう思った時期があったんです。


でも、今は座らなくなりました。


優先席に座る必要のある方は、

ホームから見て、

座れるかどうかを判断すると、聞いたからです。


優先席が埋まっていたら、

その電車に乗るのはあきらめて、

次の電車を待つそうです。


E_yrYCdVkAEz_9T.jfif


座っている人は、

「誰か乗ってきたら代わればいい」と思っていても、

ホームから優先席の空き状況を見る人は、

「自分のために席を空けさせよう」とは思わないんですよね。

全ての人がそうではないと思いますが、

私は優先席に乗る必要のある方から、

直接そう聞いたんです。



聞いて初めて、「ああ、そうか!」と気づきました。



以来、優先席は座らない席になりました。



杖を持っているとか、お腹が大きいとか、

見るからに優先席が必要な方ばかりではなく、

見た目は普通でも病気を抱えた方もいますから、

どんな元気そうな人が座っていたとしても、

座ってはいけないとは思いません。

症状って本人しか分からないですもんね。



なのでこれについては、

元気な一人一人が、

本当に座る必要のある人のことを思って、

自分で気を付けようという話になりますね。



どうしても疲れてしまって、

ちょっと座らせてもらうとかは
(倒れちゃったら大変なので)
仕方ないと思いますけれどね。


とにかく、優先席はホームから見られている

ことを頭に入れておきたいですね!


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


YouTube【幸せに働き生きるヒント】もぜひご覧ください。
人間力の動画はこちら。
スライド3.JPG


全体の動画ラインナップはこちら。
730.jpg









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)