「解(ほど)く」について



気付いたら夜になっていました。

今日のテーマはこちら。

「解(ほど)く」について


通常は「解(と)く」と読みますが、

ここでは「ほどく」です。


「ほどく」には、3つの素敵な意味があります。


一つ目は、誰もが知る意味。
結んであるもの、
縫ってあるものをとき放す


二つ目は、知らなかった意味。
理解する、
迷いや疑いをはらす


三つ目も、知らなかった意味。
願をかけて誓約したことを履行する



一つ目と二つ目は、
結び目を問題と置き換えれば、
解き放つ=理解・疑いをはらすと、
つながりが分かりますが、
三つ目はちょっと異色。
でも、大事なことです。


結び目を解き放ち、
理解し、
迷いをはらし、
願いを履行する。


いま私に必要なことが全部そろっている
「ほどく」。


いい会社の経営も、「ほどく」を
無意識に大切にしていると思います。


いい言葉を見つけたので、
おすそ分けでした!


【おまけ ~銀座~】

今日は所用でささっと銀座へ。

ビルの上に日輪が出ていました!
IMG_7744.jpg


IMG_7743.jpg


銀座三越のマスク・ライオン
IMG_7741.jpg



東銀座へ続く地下道。
このあたりは昔「水の都」だったそうで、
水のイメージです。きれいですねー。
IMG_7745.jpg




ではまた明日~ 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

YouTube【幸せに働き生きるヒント】こちらです。
IMG_7760.jpg