若者に憧れを与えられる大人


こんにちは。
暑くも寒くもない、
過ごしやすい東京の秋の土曜日です。


さて今日のテーマはこちらです。

若者に憧れを与える大人


10代の最後、正確には18~20歳の2年間、
私はヤマハのエレクトーン講師になるための
養成スクールに毎日通っていました。

同じ年の女性5人グループで、
エレクトーン、ピアノ、声楽、楽典などを学びました。

うち一人は学費を補うために、
毎朝、ファストフードでアルバイトしてから
スクールに通っていました。
えらかったなと思います。


で、彼女がよく言っていたことがあります。

「今日もあの人が来たんだよ」

そのファストフード(BECK'S)には、
朝、珈琲だけ買いに来る女の人がいて、

「着ている服も、指先も、雰囲気も素敵なの」と。

「たくさんお客さんが来るけど、
 あの人には誰もかなわない」と。

私もあんな大人になりたい」と。


そして、その女の人が珈琲を持ち帰るときの
指先を真似するんです。

横じゃなくて、上から掴むそうで、
それがすごくカッコいいんですって。

coffee_cup-01.png

「こんな感じ?」と、私がマネたら、

「全然ちがう」って、却下されました(笑)。


カウンターのやりとりは10秒、
せいぜい20秒くらいでしょう。


そんな短いやりとりでも、
大人は若者に憧れを与えられる。


同じ会社にいなくても、
それは成立する。


性格も仕事も分からない。
でも、全身から漂ってくるものがある。


「ああいう人になりたい」
と若者に思ってもらえたら、
それは視点を変えれば、
社会に対する希望の一助になる。


当時はそんなこと分かりませんでしたが、
いま友達の話を思い出すと、
そういうことなんだよな、って思います。


私が地味に気を付けているのは、
子どもや学生が私を見たときに、
あの人、楽しそうに働いている気がする、
と、少しでも思ってもらえるような
雰囲気でいようってこと。

思ってもらえているかはわからないけれど、
実際、大人は最高なので。


駅でファストフードBECK'Sの前を通りかかり、
そんなことを思い出しました。

見られているんですよねー。


ということで、ではまた~


『女将さんのこころ』の3巻目の三校が終わりました、
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


782.jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス